共有する

製品基本Q&A(シルガード®9)

製品基本Q&A

シルガード®9(組換え沈降9価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン(酵母由来))


製品情報

扁平上皮内病変(Squamous Intraepithelial Lesion:SIL)から守る(Guard)ことに加え、本剤は9つのHPV型を含むことからシルガード®9と命名されました(1)。

<引用>
(1)インタビューフォーム Ⅱ. 名称に関する項目

本剤の添付文書には下記のとおり記載されています。

【効能・効果】
ヒトパピローマウイルス6、11、16、18、31、33、45、52及び58型の感染に起因する以下の疾患の予防です。
  ・子宮頸癌(扁平上皮細胞癌及び腺癌)及びその前駆病変(子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)1、2及び3並びに上皮内腺癌(AIS))
  ・外陰上皮内腫瘍(VIN)1、2及び3並びに腟上皮内腫瘍(VaIN)1、2及び3
  ・尖圭コンジローマ

<効能・効果に関連する接種上の注意>
(1)HPV 6、11、16、18、31、33、45、52及び58型以外のHPV感染に起因する子宮頸癌又はその前駆病変等の予防効果は確認されていない。
(2)接種時に感染が成立しているHPVの排除及び既に生じているHPV関連の病変の進行予防効果は期待できない。
(3)本剤の接種は定期的な子宮頸癌検診の代わりとなるものではない。本剤接種に加え、子宮頸癌検診の受診やHPVへの曝露、性感染症に対し注意することが重要である。
(4)本剤の予防効果の持続期間は確立していない。

<引用>
添付文書

本剤の添付文書には下記のとおり記載されています。

【薬効薬理】
本剤はヒトパピローマウイルスのL1たん白質からなるウイルス様粒子(VLP)を含有する。このVLPは野生型ウイルス粒子に類似したたん白質粒子であるが、ウイルス由来のDNAを含まないため、細胞への感染能及び増殖能はない。このたん白質粒子はHPVに関連した疾病の原因にはならない。HPVはヒトにのみ感染するが、ヒト以外の動物のパピローマウイルスを用いた試験から、VLPワクチンは液性免疫を惹起することにより、その効果を発揮すると考えられる。

<引用>
添付文書

23G~25Gの注射針の使用が推奨されます。
これより細い針は懸濁液が通らない可能性があるためおすすめできません。

注射針が添付されていませんので、あらかじめ注射針を用意してください。

被接種者の年齢や体型を考慮し、注射針は筋肉内に十分到達する長さのものを選んでください。

<引用>
添付文書

有効成分や抗原量、アジュバント量、適応が異なります。

<有効成分>
ガーダシル®は、有効成分としてHPV6/11/16/18型のL1タンパクから形成されたウイルス粒子(VLP)を含んでいます(1)。本剤は、さらに5つの高リスクのHPV型(31/33/45/52/58型)を追加しています(2)。

<抗原量>
本剤では、4つのHPV型(6/11/16/18)に対する免疫原性がガーダシル®と同程度となるようにHPV6/16/18型の抗原量を増量しています。



<アジュバント量>
アジュバントの種類は同じですが、含有量を増やしています。本剤では、4つのHPV型(6/11/16/18)に対する免疫原性がガーダシル®と同程度となるようにアジュバント量を設定しています。



<適応>
2020年12月25日、ガーダシル®は追加承認を受け、9歳以上の男性にも接種可能となりました。また、男女の肛門癌(扁平上皮癌)及びその前駆病変(肛門上皮内腫瘍(AIN)1、2及び3)、男性の尖圭コンジローマに対する適応を取得しました(1)。シルガード®9はこれらの追加された疾患や男性への接種は適応外です。

<引用>
(1)ガーダシル®添付文書
(2)シルガード®9添付文書

使用方法

本剤の添付文書には、下記のとおり記載されています。

【用法・用量】
9歳以上の女性に、1回0.5mLを合計3回、筋肉内に注射する。通常、2回目は初回接種の2ヵ月後、3回目は6ヵ月後に同様の用法で接種する。

<用法・用量に関連する接種上の注意>
1. 接種間隔
1年以内に3回の接種を終了することが望ましい。なお、本剤の2回目及び3回目の接種が初回接種の2ヵ月後及び6ヵ月後にできない場合、2回目接種は初回接種から少なくとも1ヵ月以上、3回目接種は2回目接種から少なくとも3ヵ月以上間隔を置いて実施すること。
2. 同時接種
医師が必要と認めた場合には、他のワクチンと同時に接種することができる(なお、本剤を他のワクチンと混合して接種してはならない)。

<引用>
添付文書

本剤の添付文書には、下記のとおり記載されています。

6.妊婦、産婦、授乳婦等への接種
(1)妊娠している婦人には接種を避けることが望ましい。予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ接種すること。〔妊娠中の接種に関する安全性は確立していない。〕
(2)本剤及び本剤に対する抗体がヒト乳汁中へ移行するかは不明である。授乳婦には予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ接種すること。

<引用>
添付文書

標準スケジュールは0、2、6ヵ月目です。
各回の接種間隔がのびた場合でも最初から接種をやり直す必要はなく、残りの回数を接種して下さい。

〔接種再開の際の対応〕
<初回接種後に中断されていた場合>
2回目の接種をできるだけ早急に行い、3回目接種は2回目接種から少なくとも3ヵ月以上間隔を置いて実施してください(添付文書記載)。

<2回目接種後に中断されていた場合>
3回目の接種をできるだけ早急に行ってください。

〔添付文書記載内容〕
【用法・用量】
9歳以上の女性に、1回0.5mLを合計3回、筋肉内に注射する。
通常、2回目は初回接種の2ヵ月後、3回目は6ヵ月後に同様の用法で接種する。

<用法・用量に関連する接種上の注意>
1. 接種間隔
1年以内に3回の接種を終了することが望ましい。
なお、本剤の2回目及び3回目の接種が初回接種の2ヵ月後及び6ヵ月後にできない場合、2回目接種は初回接種から少なくとも1ヵ月以上、3回目接種は2回目接種から少なくとも3ヵ月以上間隔を置いて実施すること。

免疫学的には、接種間隔が短い場合は持続的な反応が劣る可能性が指摘されていますが、接種間隔が長期になった場合には良好な反応が得られるとされているためです(1)。

<引用>
(1)Plotokin’s Vaccines 7th edition. Elsevier:16-34. (該当する記載:p.26)

世界保健機関(World Health Organization:WHO)のPosition paperでは、再接種が必要かどうかは未だ明らかになっていないとされています(1)。

HPVワクチンの安全性、有効性は継続してモニタリングされています。米国予防接種諮問委員会(Advisory Committee on Immunization Practices:ACIP)はその有効性が経時的に減衰するというデータはないとしています(2)。

〔添付文書記載内容〕
<効能・効果に関連する接種上の注意>
(4)本剤の予防効果の持続期間は確立していない。

<引用>
(1)Human papillomavirus vaccines:WHO Position paper, May 2017 (p.259)
(2)CDC Human Papillomavirus (HPV) Vaccination: What Everyone Should Know ”How Well Do These Vaccines Work?”

本剤の予防効果は26歳までの女性を対象とした国際共同臨床試験の結果より評価されており(1)、それ以上の年齢層に対する有効性を評価した臨床試験は行われておりませんが、既承認のガーダシル®の適応を外挿し、適応年齢に上限を設けていません。
27~45歳女性における免疫原性は評価されており、ガーダシル®同様に16~26歳女性より多少低かったものの、非劣性が示されています(2)。

なお、ガーダシル®は45歳までの女性を対象とした海外臨床試験の結果(3)が評価されたことと、承認時にPMDAから「年齢が高まるにつれHPV既感染者の増加が予想され、ガーダシル®の有用性がより低年齢の集団とは異なる可能性があることに留意する必要はあるものの、ガーダシル®の対象年齢として26歳以下に限定する必要はない」と判断され、適応年齢に上限を設けていません。

<引用>
(1)Huh WK et al. Lancet. 2017;390(10108):2143-2159.
(2)Joura EA et al. Vaccine. 2021;S0264-410X(21)00128-6. 
(3)Castellsague X et al. Br J Cancer. 2011;105(1):28-37.

異なる種類のワクチンを交互接種した場合の有効性、安全性について十分なデータはないので、原則は同じワクチンで3回接種を完了してください。

〔添付文書記載内容〕
重要な基本的注意
(6)本剤と他のHPVワクチンの互換性に関する安全性、免疫原性、有効性のデータはない。

すでに病変がある人(尖圭コンジローマを含む)、検診で異常があった人にも接種を行うことは可能です。ただし、存在している病変を改善する効果はありません(1)(2)。

HPVワクチンに含まれる全ての型に感染している可能性は低いとされるため、感染していないHPV型による疾患予防にワクチン接種は十分意義があります(1)(2)。

産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編2020では、
「ワクチンは既感染者に対する治療効果はなく、子宮頸部病変を治癒させるものではないが、まだ感染していない型の将来の感染を予防することが期待できる点で接種する価値があるので、希望があれば接種してよい」としています(1)。

なお、接種によって病変が悪化したり、がん化を促進したりすることはありません。
副反応が増強することもありません。

〔添付文書記載内容〕
【効能・効果】
<効能・効果に関連する接種上の注意>
(2) 接種時に感染が成立しているHPVの排除及び既に生じているHPV関連の病変の進行予防効果は期待できない。

<引用>
(1)日本産婦人科学会、日本産婦人科医会 編集・監修. 産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編.2020:48.
(2)Markowitz LE et al. MMWR Recomm Rep. 2014;63(RR-05):1-30.

安全性

本剤の添付文書には、下記のとおり記載されています。

【接種上の注意】
重要な基本的注意
(1)本剤は「予防接種実施規則」及び「定期接種実施要領」に準拠して使用すること。
(2)被接種者について、接種前に必ず問診、検温及び診察(視診、聴診等)によって健康状態を調べること。
(3)被接種者又はその保護者に、接種当日は過激な運動は避け、 接種部位を清潔に保つよう指導すること。また、局所の異常反応や体調の変化、さらに高熱、痙攣等の異常な症状を呈した場合は、速やかに医師へ連絡するよう指導すること。
(4)ワクチン接種直後又は接種後に注射による心因性反応を含む血管迷走神経反射として失神があらわれることがある。失神による転倒を避けるため、接種後30分程度は座らせるなどした上で被接種者の状態を観察することが望ましい。
(5)発生機序は不明であるが、ワクチン接種後に、注射部位に限局しない激しい疼痛(筋肉痛、関節痛、皮膚の痛み等)、しびれ、脱力等があらわれ、長期間症状が持続する例が報告されているため、異常が認められた場合には、神経学的・免疫学的な鑑別診断を含めた適切な診療が可能な医療機関を受診させるなどの対応を行うこと。
(6)本剤と他のHPVワクチンの互換性に関する安全性、免疫原性、有効性のデータはない。

<引用>
添付文書

国際共同試験における主な副反応は、注射部位では疼痛、腫脹、紅斑、そう痒感、内出血、腫瘤、出血が、全身性の副反応としては頭痛、発熱、悪心、浮動性めまい、疲労、下痢、口腔咽頭痛、筋肉痛が報告されています。

<引用>
添付文書

日本小児科学会予防接種感染対策委員会の声明「予防接種後の失神に対する注意点ついて」には、 「下肢を軽く挙上し安静臥床させる。必要に応じて輸液や酸素投与を行う。」とあります(1)。

<引用>
(1)日本小児科学会 予防接種感染対策委員会声明:予防接種後の失神に対する注意点ついて.

日本人に特有の副反応があったという報告はありません。
国内臨床試験と海外臨床試験において、安全性プロファイルは同様であったとされています。

■「多様な症状」とは
厚生労働省において「多様な症状」は機能性身体症状であると考えられており、この症状は人によって様々です。また、この機能性身体症状は臨床現場では専門とする分野の違い、病態のとらえ方の違い、あるいは主な症状の違い等により、さまざまな傷病名(*)で診療が行われています。

(*):具体的には、以下の病名が挙げられます(1)。
・身体症状症
・変換症 / 転換性障害(機能性神経症状症)
・線維筋痛症
・慢性疲労症候群
・起立性調節障害[起立頻脈症候群(Postural orthostatic tachycardia syndrome:POTS)はサブタイプの一つ]
・複合性局所疼痛症候群(Complex regional pain syndrome:CRPS)

<具体的な症状>
この機能性身体症状には一般の人に共通して起こる様々な症状が含まれており、①知覚に関する症状(頭や腰、関節等の痛み、感覚が鈍い、しびれる、光に対する過敏等)、②運動に関する症状(脱力、歩行困難、不随意運動等)、③自律神経等に関する症状(倦怠感、めまい、嘔気、睡眠障害、月経異常等)、④認知機能に関する症状(記憶障害、学習意欲の低下、計算障害、集中力の低下等)等多岐にわたります(1)。
このような症状はシルガード®9の国内外の臨床試験においても有害事象として報告されていますが、これらの臨床試験は世界中の規制当局によって評価され、その結果、ワクチンは安全であり有効であるとされています。海外では市販後においても安全性が評価されており、本剤のリスクベネフィットバランスは良好であるとされています。

■シルガード®9の開発臨床試験における、機能性身体症状の報告例
評価時の資料の7試験における観察期間中に、本剤接種後、POTS2例、CRPS1例が報告されています。
POTSについては、1例は本剤接種後3年以上経過後に発現していることから因果関係がある可能性は低いこと、別の1例は再発性や持続性がないことから、診断基準よりPOTSにあてはまらない可能性があると考えられています。CRPSについては、治験責任医師による因果関係は否定されています。
なお、臨床試験に参加した日本人において、POTS、CRPSの報告はありませんでした(2)。

「多様な症状」については、本剤の被接種者や医療機関に対して適切な安全対策を行うため、市販後、使用成績調査や全例登録の活動によって接種後の発現状況を把握していく予定です。

<引用>
(1)HPVワクチンの接種に当たって 医療従事者の方へ 厚生労働省
(2)審査報告書 7.R.4.1.3 注目すべき有害事象・副反応

その他

本剤の添付文書には、下記のとおり記載されています。

接種時の注意
(1)接種時:
1)本剤は筋肉内注射のみに使用し、皮下注射又は静脈内注射はしないこと。
2)冷蔵庫から取り出して室温に戻し、使用前には十分に振り混ぜ均等にし、できるだけ速やかに使用すること。
3)使用前には異常な混濁、着色、異物の混入その他の異常がないかを確認し、異常を認めたものは使用しないこと。
4)注射針は被接種者毎に取り換えること。
5)注射針の先端が血管内に刺入していないことを確認すること。
6)「シルガード®9水性懸濁筋注シリンジ使用方法」に従い接種準備を行うこと。

(2)接種部位:
1)接種部位は、通常、上腕三角筋とし、当該部位への接種が困難な場合は、大腿前外側部への接種を考慮すること。臀部には接種しないこと。
2)接種部位はアルコールで消毒し、同一部位に反復して接種することは避けること。
3)筋肉内注射に当たっては、組織・神経等への影響を避けるため下記の点に注意すること。
・針長は筋肉内接種に足る長さですが、組織や血管あるいは骨に到達しないよう、各被接種者に対して適切な針長を決定すること。
・神経走行部位を避けること。
・注射針を刺入したとき、激痛の訴えや血液の逆流がみられた場合は直ちに針を抜き、部位をかえて注射すること。

<引用>
添付文書

遮光、2~8°C、凍結を避けてください。

<引用>
添付文書

複数の機関からステートメントが発出されています(1)-(5)。

(1)国際産科婦人科連合(The International Federation of Gynecology and Obstetrics:FIGO)による安全性ステートメント: 2013年8月
概要:入手可能な全てのデータを確認した上で、HPVワクチンが継続して接種されることを支持する。

(2)世界保健機関(World Health Organization:WHO)のワクチンの安全性に関する諮問委員会(Global Adovisory Committee on Vaccine Safety:GACVS)によるワクチンの安全性に関するステートメント: 2017年7月
概要:HPVワクチンが承認されて以降、多くの大規模で質の高い研究・調査において、懸念されるような新たな有害事象は認められていない。HPVワクチンは極めて安全であると考えられる。

(3)米国国立がん研究所(National Cancer Institute:NCI):2018年
概要:子宮頸がん検診や治療とともに高いHPVワクチン接種率が達成されれば、近い将来子宮頸がんが征圧されるだろう。

(4)欧州医薬品庁(European Medicines Agency:EMA):2015年
概要:HPVワクチンと複合性局所疼痛症候群(CRPS)や体位性頻脈症候群(POTS)発症との因果関係は認められないことを確認した。

(5)欧州小児科学会(The European Academy of Paediatrics:EAP):2015年
概要:日本におけるHPVワクチン接種に対して政府当局がとっている消極的な姿勢に対して深い懸念を表明し、日本の保健機関が積極的にHPVワクチンの接種を支援するよう強く勧告する

<引用>
(1) Denny L. Int J Gynaecol Obstet. 2013;123(3):187-188.
   「Safety of HPV vaccination: a FIGO statement.」
(2)Safety of HPV vaccines, Extract from report of GACVS meeting of 7-8 June 2017, published in the WHO Weekly Epidemiological Record of 14 July 2017
(3)NCI-Designated Cancer Centers Endorse Goal of Eliminating HPV-Related Cancers
(4)HPV vaccines: EMA confirms evidence does not support that they cause CRPS or POTS
(5)Dornbusch HJ et al. J Paediatr Child Health. 2015;51(12):1146-1147.
   「EAP Position Paper」

定期接種として認められているHPVワクチンは2価HPVワクチン及び4価のガーダシル®のみで、本剤は任意接種となり自費になります(2022 年2月現在)。費用については、保険適用外の製品で自由診療となりますので、施設により請求金額は異なります。

2020年7月現在、シルガード®9は世界80以上の国又は地域で承認されています。
米国、カナダ、オーストラリアなどの国では接種プログラムに導入され、接種が推奨されています。

HPVはもともと男性が保有しているものではなく、HPVに感染している男性または女性からそのパートナーへ性交渉などによって感染します。

HPVは組織特異性が高く、主にヒトの皮膚及び粘膜に感染します。
性器周囲皮膚や粘膜、体液へ接触することで感染します(1)。

<引用>
(1)Wkly Epidemiol Rec. 2017;92(19):241-268. (p.245). Human papillomavirus vaccines:WHO Position paper, May 2017

<免疫原性>
臨床試験では、少なくとも5年の抗体反応の持続性が確認されています(1)。

<予防効果>
2つの臨床試験を延長しており、9~15歳女性(002試験:ベルギー, ブラジル, コロンビア, コスタリカ, ペルー, ポーランド, 南アフリカ, 韓国, スペイン, スウェーデン, 台湾, タイ, 米国)では3回接種後8.2年(中央値7.6年)(2)、16~26歳女性(001試験:デンマーク、スウェーデン、ノルウェー)では3回接種後最長9.5年(中央値6.3年)(3)までの予防効果が確認されています。

これ以降の免疫原性、効果の持続については、少なくとも10年間にわたって追跡する延長試験で検討される予定です。

<引用>
(1)Guevara A et al. Vaccine. 2017;35(37):5050-5057.
(2)Olsson SE et al. Papillomavirus Res. 2020;100203.
(3)Kjaer SK et al. Hum Vaccin Immunother. 2021;17(4):943-949.

関連コンテンツ

関連コンテンツ


ガーダシル®/シルガード®9・ワクチン関連領域情報

関連製品