共有する

被接種者への説明について

HPVワクチンの接種に際し、接種予定者へ
伝えておくべきポイントについてご紹介いたします。


子宮頸がんとHPVワクチン

子宮頸がんとHPVワクチン

子宮頸がんの原因となるHPV感染の予防対策のひとつとして、HPVワクチンがあります。
4価HPVワクチン(ガーダシル®)と9価HPVワクチン(シルガード®9)では、予防可能なHPV型の種類が異なります。
ガーダシル®は、HPV6/11/16/18型の4つのHPV型を、シルガード®9は、ガーダシル®の4つの型にHPV31/33/45/52/58型の5つの型を加えた9つのHPV型をカバーします。

子宮頸がんとHPV感染について 記事で読む


ガーダシル®/シルガード®9の接種スケジュールは?

合計3回、同じHPVワクチンを接種

医師が必要と認めた場合には、他のワクチンと同時に接種することができます。
なお、ガーダシル®またはシルガード®9を他のワクチンと混合して接種しないでください。

ガーダシル®とシルガード®9の接種スケジュールはいずれも1回0.5mLを初回接種から2ヵ月後、6ヵ月後の合計3回、腕の筋肉内に注射します。
3回の接種を完了することで予防効果が期待できます。1回目にガーダシル®を接種した場合には、2回目、3回目の接種もガーダシル®を使用してください。1回目以降、2回目、3回目で他のHPVワクチンを接種した場合の予防効果や安全性は確認されていません。シルガード®9も同様で、3回ともシルガード®9を使用してください。

接種方法について 記事で読む


接種後の注意点は?

接種後の注意点は?

これら、接種後の注意点について、被接種者へ説明してください。

被接種者向け資材 ご注文はこちら

また、重大な副反応として、過敏症反応(アナフィラキシー(頻度不明)、気管支痙攣(頻度不明)、蕁麻疹(ガーダシル®:0.4%、シルガード®9:頻度不明)等)、ギラン・バレー症候群(頻度不明)、血小板減少性紫斑病(頻度不明)、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)(頻度不明)が報告されています。
その他の副反応は下記のとおりです。

ガーダシル®のその他の副反応

ガーダシル®のその他の副反応

注)発現頻度は国内臨床試験(027試験、028試験、122試験及び200試験)に基づき算出した。

シルガード®9のその他の副反応

シルガード®9のその他の副反応

‡:国際共同試験、外国臨床試験、本剤又はガーダシルの自発報告で認められた副反応

製品情報 添付文書を確認する


接種後の症状に対する対応は?

接種後に体調の変化があった場合には、すぐに接種医へ相談
HPVワクチン接種後の症状に対しては、地域で支える診療体制が構築されている
HPVワクチン接種後に生じた症状に係る協力医療機関が公表されている

HPVワクチン接種後の症状に対する診療体制 記事で読む ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について

地域で支える診療体制の構築

平成27年9月17日 第15回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会 資料5 HPVワクチン接種にかかる診療・相談体制 より抜粋
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000097685.pdf
(Accessed Mar. 7, 2021)

接種予定者やその保護者がHPVワクチンについて十分に理解し、納得した上で接種いただくことが大切です。また、接種後の症状に対しても、地域で対応可能な医療機関が公表されています。

関連コンテンツ


ガーダシル®/シルガード®9・ワクチン関連領域情報

関連製品