安全性

安全性

皮膚・軟部組織感染症患者を対象とした国内第Ⅲ相実薬対照試験において、テジゾリドリン酸エステル200mgが1日1回点滴静注(経口投与への切り替え可)された83例中25例(30.1%)に副作用(臨床検査値の異常変動を含む)が認められ、主な副作用はALT(GPT)上昇4件(4.8%)、AST(GOT)上昇3件(3.6%)、注射部位紅斑3件(3.6%)等でした。(承認時)
なお、重大な副作用として偽膜性大腸炎、可逆的な貧血・白血球減少・汎血球減少・血小板減少等の骨髄抑制、代謝性アシドーシス、視神経症(いずれも頻度不明)が現れるおそれがあります。

副作用の発現頻度(承認時)

関連コンテンツ


シベクトロ®・感染症関連領域情報

関連製品