薬効薬理:作用部位

薬効薬理:作用部位1)

1)社内資料(in vitro薬効薬理試験)

1. エルゴステロール合成阻害作用(in vitro

ポサコナゾールはアスペルギルス属及びカンジダ属でのエルゴステロールの生合成を阻害し、そのときのIC50値は0.07~0.3µg/mLでした。また、ポサコナゾールを含む各種アゾール系抗真菌薬のIC50値とMIC値との間に相関傾向が認められました。

2. CYP51酵素とアゾール系抗真菌薬との複合体の立体構造(in vitro

A. fumigatusは異なる2つのcyp51遺伝子(cyp51A及びcyp51B)を有します。ポサコナゾールに対する感受性に関与するA. fumigatusのCYP51A酵素とアゾール系抗真菌薬との複合体の立体構造の検討を行ったところ、CYP51Aのヘム結合部位の近傍には、ポサコナゾールが相互作用する部位があり、さらにポサコナゾールの側鎖部分と相互作用する別の部位が認められました。

CYP51酵素とアゾール系抗真菌薬との複合体の立体構造

注意:関連のある化合物の効能・効果等は、最新の添付文書を参照すること。

方法:CYP51の構造の予測及びリガンドの結合について、結核菌由来CYP51蛋白質のX線結晶構造を鋳型として、ホモロジー・モデリング法(ソフト:MODELLER)により、A. fumigatus及びC. albicans由来の、それぞれCYP51A及びCYP51の立体構造を予測した。さらに、ドッキングプログラム(GOLD)を用いてCYP51とポサコナゾール又はボリコナゾールとの複合体の立体構造を予測した。

関連コンテンツ


ノクサフィル®・感染症関連領域情報

関連製品