薬物動態:吸収、分布、代謝、排泄

薬物動態1)

1)ラゲブリオ®電子添文(2022年6月改訂、第3版)

1. 吸収

食事の影響

健康成人にモルヌピラビル200mgを単回経口投与注)した際、高脂肪食摂取後投与では空腹時投与に比べてNHCのCmaxは35%減少し、AUCは両条件下で同程度でした(外国人データ)。本剤は、食事とは関係なく投与可能です。

2. 分布

NHCのヒト血漿蛋白に対する結合率は0%でした(in vitroデータ)。

3. 代謝

モルヌピラビルはNHCのプロドラッグであり、全身循環へ到達する前に主要代謝物であるNHCへ加水分解されます。NHCは内因性ピリミジンの代謝と同じ経路でウリジン及びシチジンへ代謝され、消失します。

4. 排泄

健康成人にモルヌピラビル800mgを1日2回5.5日間反復経口投与注)した際、NHCの尿中排泄率は3%でした(外国人データ)。

注)本剤の承認された用法及び用量は、1回800mgを1日2回5日間経口投与である。