共有する

作用機序と耐性化メカニズム

作用機序と耐性化メカニズム

1.ザバクサ®の作用機序

セフトロザンはペニシリン結合蛋白(PBP)に結合し、細胞壁合成を阻害する1)。また、タゾバクタムはESBLを含むβ-ラクタマーゼを阻害し、セフトロザンがβ-ラクタマーゼによって不活化されることを防ぐ2)

ザバクサの作用機序

2.ザバクサ®の作用と耐性化メカニズム

ザバクサ®は、細菌の耐性化メカニズムの1つである外膜変化による影響を受けにくく、外膜を通過して細菌内に流入する。その後、β-ラクタマーゼによるセフトロザンの不活化に対して、タゾバクタムが主にESBLを阻害する一方で、AmpCに対してはセフトロザン自体が安定である3)。さらに、薬剤排出ポンプによる影響を受けにくい。これらの機序から、細菌の耐性化メカニズムの影響をあまり受けずに、セフトロザンがPBPに到達し、抗菌効果を発揮する。

ザバクサの作用と耐性化メカニズム

3. 細菌の耐性化に及ぼす影響(in vitro

β-ラクタム系抗菌薬の耐性化には、①外膜変化による低透過性、②β-ラクタマーゼによる薬剤の不活化、③多剤排出ポンプによる能動的な薬剤排出機構などが介在している。

β-ラクタム系抗菌薬の主要な耐性化メカニズム

監修:東邦大学医学部 微生物感染症学講座 教授 石井良和 先生

(1)緑膿菌の耐性化に及ぼす影響(in vitro4)

緑膿菌の主な耐性化機序であるOprD欠損、AmpC亢進、薬剤排出蛋白(MexXY-OprM、MexAB-OprM)のいずれに対しても、ザバクサ®は安定しており、MIC値(中央値)はCLSIのブレイクポイントとなるMIC値を超えることはなかった。

薬剤耐性緑膿菌に対するザバクサ®の抗菌活性(in vitro)

TAZ/CTLZ:タゾバクタム/セフトロザン、CAZ:セフタジジム、CFPM:セフェピム、TAZ/PIPC:タゾバクタム/ピペラシリン、IPM:イミペネム、MEPM:メロペネム

方法:2012年に米国21州27医療機関から採取された緑膿菌の臨床分離株998株のうち、CAZに対するMIC値が1μg/mL以上の120株を用いて、CLSI標準法に準じた微量液体希釈法によりMICを測定した。

(2)緑膿菌の耐性発現に及ぼす影響(PAO1株:in vitro5)

ザバクサ®は耐性誘導培養において、7日目においても高度耐性株の発現はみられなかった。

緑膿菌の7日間耐性誘導培養における耐性発現(PAO1株:in vitro)
方法:緑膿菌野生型株(PAO1株、ザバクサ®感受性0.5μg/mL)を用いた。各種抗菌薬におけるそれぞれのMIC濃度(0.5×、1×、2×、4×、8×、16×、32×、64×)を添加した10mLのMueller-Hinton培地(試験管)におよそ106CFU/mLのPAO1株を接種し、37℃、24時間、180rpmで培養した。最も高い抗菌薬濃度で生育がみられた試験管から菌液を採取して1,000倍希釈となるよう新しい培地に再接種し、24時間培養した。64×MIC濃度まで7日間連続で実施した。なお、すべての実験は3回ずつ行った。

1)Moyá B et al. Antimicrob Agents Chemother. 2010; 54(9): 3933-3937.

2)Craig WA et al. Antimicrob Agents Chemother. 2013; 57(4): 1577-1582.

3)Takeda S et al. Antimicrob Agents Chemother. 2007; 51(3): 826-830.

4)Castanheira M et al. Antimicrob Agents Chemother. 2014; 58(11): 6844-6850.
  [利益相反:著者らの所属機関は2011~2013年Cubist社(現MSD社)の教育研究助成金を受けた。著者の一部はCubist社(現MSD社)のアドバイザー/コンサルタントである。本試験はCubist社(現MSD社)の教育助成金を受けた。]

5)Cabot G et al. Antimicrob Agents Chemother. 2014; 58(6): 3091–3099.
  [利益相反:本試験は、Cubist社(現MSD社)の支援により行われた。]

関連コンテンツ


ザバクサ®・感染症関連領域情報

関連製品