開発の経緯

開発の経緯

グラム陰性菌感染は世界的な脅威となっており、特に大腸菌、肺炎桿菌、緑膿菌による感染は医療関連感染症におけるグラム陰性原因菌の約70%を占めるとされています。これらの菌の中には基質拡張型β-ラクタマーゼ(Extended Spectrum β-Lactamase:ESBL)やAmpCなどのβ-ラクタマーゼ産生、あるいはポーリン欠損など多様な機序による耐性菌が含まれており、これらの耐性菌もカバーできる新規の抗菌薬の開発が望まれています。

ザバクサ®配合点滴静注用(以下、ザバクサ®)は、セフェム系薬である「セフトロザン硫酸塩」(以下、セフトロザン)にβ-ラクタマーゼ阻害剤「タゾバクタムナトリウム」(以下、タゾバクタム)を配合した配合抗生物質製剤です。セフトロザンは、藤沢薬品工業株式会社(現アステラス製薬株式会社)及び湧永製薬株式会社によって創製されました。セフトロザンは緑膿菌を含むグラム陰性菌に強い抗菌活性を示し、AmpCなどのβ-ラクタマーゼに安定であることが示されています。さらに、セフトロザンにタゾバクタムを配合することによって、ESBL産生菌を含む大腸菌、肺炎桿菌及びその他の腸内細菌目細菌などの多くのグラム陰性菌に対して幅広い抗菌活性を示します。

海外では Cubist Pharmaceuticals, Inc. 及び Merck Sharp & Dohme Corp., a subsidiary of Merck & Co., Inc., N.J., U.S.A.(MSD)によって、複雑性尿路感染症(cUTI)及び複雑性腹腔内感染症(cIAI)患者を対象に第Ⅲ相非劣性試験が実施され、cUTI患者ではレボフロキサシンに対する非劣性が、cIAI患者ではメトロニダゾールとの併用下でメロペネムに対する非劣性が検証されました。ザバクサ®は、耐性菌感染症を含む重篤及び生命を脅かす感染症に対する開発が支持され、米国食品医薬品局(U.S. Food and Drug Administration:FDA)によりcUTI及びcIAIの適応に基づく認定感染症医薬品(Qualified Infectious Disease Product:QIDP)及び優先承認審査対象医薬品に指定され、2014年12月に米国で承認されました。その後、2015年9月にEUにて承認を取得しました。

国内では、cUTI及びcIAI患者を対象に第Ⅲ相臨床試験が実施され、「本剤に感性のレンサ球菌属、大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、緑膿菌」を適応菌種とした「膀胱炎、腎盂腎炎、腹膜炎、腹腔内膿瘍、胆嚢炎、肝膿瘍」を適応症として2019年1月に承認を取得しました。

また、人工呼吸器を装着している院内肺炎(Ventilated nosocomial pneumonia:VNP)患者を対象に国際共同第Ⅲ相臨床試験が実施され、メロペネムに対する非劣性が検証されました。本剤はVNPの適応においてもQIDP及び優先承認審査対象医薬品に指定され、2019年6月に米国で、2019年8月にEUで承認を取得しました。国内では、「本剤に感性のセラチア属、インフルエンザ菌」の適応菌種並びに「敗血症、肺炎」の適応症が2019年12月に追加承認されました。

関連コンテンツ


ザバクサ®・感染症関連領域情報

関連製品