共有する

ロタウイルスワクチンの定期接種制度について

令和2年10月1日よりロタウイルスワクチンが定期接種になりました。

ロタウイルスワクチンの定期接種の対象者や、接種方法は下記の通りです。ご確認ください。

対象者とワクチンの接種方法

対象者ワクチンの種類ごとに以下の間にある者(ただし、令和2年8月1日以後に生まれた者)

ロタテック®:生後6週に至った日の翌日から生後32週に至る日の翌日までの間、27日以上の間隔をおいて3回経口接種

ロタリックス®:生後6週に至った日の翌日から生後24週に至る日の翌日までの間、27日以上の間隔をおいて2回経口接種
接種方法原則として同一ワクチンを接種すること。

ただし、1回または2回投与した後に転居した際、転居後の定期接種を実施する市町村において、いずれか一方の接種しか実施していない等の理由により、やむを得ない事情があると当該市町村長が認める場合には次の方法で接種することができる。詳細は各自治体へお問い合わせください。

接種時の注意2回目以降の接種時は、保護者が持参した予防接種済証または母子健康手帳等により、いずれのワクチンの接種歴があるか確認する。
留意事項安全性の観点から、生まれた日の翌日から起算して14週6日までに初回接種を完了させることが望ましい。

出生15週0日後以降に初回接種を行う場合、上記について十分に説明を行い、同意を得られた場合に接種する。

接種後に間欠的な啼泣や不機嫌、血便、嘔吐等、腸重積症を疑う症状がみられる場合は、速やかに医師の診察を受けさせるよう、接種時に保護者に説明する。
吐き戻し時の対応接種後に吐き出した場合でも、追加の投与は必要ない。

RV1:1価ワクチン(ロタリックス®)  RV5:5価ワクチン(ロタテック®

第15回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会(2019/10/02開催)
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000192554.html(2020/11/05アクセス)

第36回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 予防接種基本方針部会(2019/12/23開催)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08589.html(2020/11/05アクセス)

異なるワクチンの接種間隔のイメージ(令和2年10月1日以降)

※小児肺炎球菌やロタウイルスワクチンなど同一ワクチンを複数回接種する必要がある場合、接種間隔の制限は添付文書に従ってください。
特に医師が認めた場合は、ワクチンの同時接種を行うことができます。

厚生労働省「ワクチンの接種間隔の規定変更に関するリーフレット」
https://www.mhlw.go.jp/content/000674724.pdf(2020/11/02アクセス)より作図