ロタウイルス胃腸炎の特徴

ロタウイルス胃腸炎の特徴

(参考)ロタウイルスについて

ロタウイルスは感染力が強く、わが国における乳幼児の下痢症のうち、多くみられる原因の1つです。

  • ロタウイルスは感染力が強く、わが国でも5歳未満の乳幼児のほとんどがロタウイルスに感染します1
  • 一般外来における小児のロタウイルスによる胃腸炎の発症患者数は多いことが明らかにされています(図)。

図:日本における5歳未満の急性胃腸炎発症患者において
ウイルスが検出された患者数(2009~2013)2

日本における5歳未満の急性胃腸炎発症患者においてウイルスが検出された患者数

重症化の予測が難しく、一般外来の受診や入院などにより医療機関への負担ともなります。

  • ロタウイルス胃腸炎は多くの乳幼児が罹患しお子さんだけでなく、保護者も負担が大きい疾患です。

● 日本において年間28.5人が死亡、85.5人が脳炎・脳症を合併3
ロタウイルス感染症による突然死、脳炎・脳症

● 入院は15~43人に1人4~7
5歳までにロタウイルス胃腸炎によって入院する推定人数

● 外来受診はおよそ2人に1人8
小学校入学までにロタウイルス胃腸炎によって外来を受診する推定人数

● ご家族は平均2.3~7.5日の労働損失9
お子さんがロタウイルス胃腸炎を起こしたことによりご家族が仕事を休む日数

1. 谷口孝喜. 小児感染免疫 2009;21(2):9-36.
2. Thongprachum A et al. J Med Virol 2015 ; 87(7) : 1141-1148.
3. Hattori F et al. Pediatr Int 2018 ; 60(3) : 259-263.
4. Nakagomi T et al. J Infect Dis 2005 ; 192(S1) : S106-110.
5. Kamiya H et al. J Infect Dis 2009 ; 200(S1) : S140-146.
6. Ito H et al. Vaccine 2011 ; 29(44) : 7807-7810.
7. Kamiya H et al. Jpn J Infect Dis 2011 ; 64(6) : 482-487.
8. Yokoo M et al. Jpn J Infect Dis 2004 ; 57(4) : 166-171.
9. Van der Wielen M et al. BMC fam Pract 2010 ; 15 : 11-22.

ロタウイルスの感染経路と感染の特徴

感染経路は主に糞口感染1

  • 1000億個のウイルスが1gの糞便中に存在します2
  • 接触・飛沫感染の可能性も考えられます1

感染力が強い

  • 1~10個のウイルスが口に入るだけで感染が成立するとも言われています3

安定したウイルスである1

  • 器物やテーブルの上でも最低数時間は感染力を保持でき4、おもちゃからの検出例もあります2
  • 石鹸や一般的に用いられている除菌剤に対し比較的耐性があります2

ウイルスの伝播は、症状が出る前に起こる可能性もあり、また症状が治まってもウイルスが持続的に排出されていることもある5

  • 発症後4~7日は糞便中にウイルスを大量に排出すると言われています4
  • ある試験 (n=37)では、30%の小児が下痢症状が始まってから25~57日後にもウイルスを排出していたと報告されています6

1. Fischer TK et al. Vaccine 2004; 22S: S49-54.
2. Dennehy PH. Pediatr Infect Dis J 2000; 19: S103-105.
3. 谷口孝喜. 小児科診療 2007; 70: 2283-2287.
4. 中田修二. 小児科診療 2007; 70: 2271-2276.
5. Raebel MA, Ou BS. Pharmacotherapy 1999; 19: 1279-1295.
6. Richardson S et al. Lancet 1998; 351: 1844-184

ロタウイルス感染症は冬から春にかけて流行する

  • ロタウイルス感染症には季節性があります。
  • ロタウイルス感染症は12~5月の時期に多く、2月から4月にかけてピークがみられます7

図:ロタウイルスの検出報告数

ロタウイルスの検出報告数

7. 中田修二. 小児科診療 2007; 70: 2271-2276.

病院、託児所、保育園では小児のロタウイルス感染が流行する可能性が高い

ロタウイルスの院内感染

  • 欧州における報告では、小児院内感染による下痢症の31%〜87%はロタウイルスが原因でした8
  • 入院を数日単位で延長させる可能性があります8
  • 再入院の可能性もあります8
  • 院内感染が起こると病棟閉鎖の可能性もあります9

ロタウイルス感染症の疾患は託児所や保育園で流行する

  • 欧州の託児所や保育園に通う5歳未満の子供は、通っていない同年代の子どもより高い確率でロタウイルス胃腸炎を発症することが示されています10

8. Gleizes O et al. Pediatr Infect Dis J 2006; 25(S1): S12~21.
9. Fischer TK et al. Vaccine 2004; 22S: S49~54.
10. Huppertz H-I et al. Pediatr Infect Dis J 2008; 27(S1): S11~19.

ロタウイルス感染症の症状

  • 典型例では、感染から遅くとも2日目までに症状が出そろいます1
  • 一般的に1週間くらいの経過で回復します1

症状

  • 激しい下痢2 (白色水様便; とぎ汁様の便が多くみられます)
  • 激しい嘔吐3
  • 高熱3
  • 脱水2

まれに起こる合併症状

  • 激しい高張性脱水症2,4
  • 痙攣4
  • 脳炎2,4

1. 中田修二. 小児科診療 2007; 70: 2271-2276.
2. Raebel MA, Ou BS. Pharmacotherapy 1999;19:1279-1295.
3. Raebel MA, Ou BS. Pharmacotherapy 1999;19:1279-1295.
4. 河島尚志ほか. 小児科診療 2007; 70: 2277-2281.

ロタウイルス性胃腸炎の治療

ウイルス性胃腸炎では、抗ウイルス薬などの特殊な治療法はなく対症療法が中心となります1

  • 基本的には水分補給と電解質の補正が中心となります1
  • これに食事療法、薬物療法(整腸剤)を組み合わせます1
    • 軽症~中等症: 経口補液と食事療法1,2
    • 重症: 点滴による補液1,2
  • 止痢薬はウイルスを腸管に停留させることになるため一般的には用いません2

1. 佐藤吉壮. 化学療法の領域 2007; 23(S1): 17-24.
2. 牛島廣治ほか. 別冊日本臨床 2009; 12: 49-53.

ロタウイルスは車輪状の、分節したRNAをもつウイルスである

ロタウイルスは車輪状で、外層と内層のカプシドおよび内部のコア蛋白からなる粒子です。

このうち、外層表面のVP7と外層表面の突起状のVP4はそれぞれGおよびP型を決定する蛋白であり、ウイルスの中和に関係する主な抗原となります。

図:ロタウイルス

ロタウイルス

ロタウイルスは様々なGとPの遺伝子型の組み合わせが存在します。

ロタウイルス胃腸炎の原因となるウイルスの遺伝子型はG1P[8]、 G2P[4]、 G3P[8]、 G4P[8]、 およびG9P[8]の5つで、全体の約90%を占めます。

図:ロタウイルス遺伝子型の世界分布(海外データ)

ロタウイルス遺伝子型の世界分布(海外データ)

流行する遺伝子型は予測不能で年によって変動します。

流行するロタウイルスの遺伝子型は年によって変動するため、予測が困難です。

図:日本におけるロタウイルス遺伝子型(血清型)の流行変動

日本におけるロタウイルス遺伝子型(血清型)の流行変動

関連コンテンツ


ロタテック®・ワクチン関連領域情報

関連製品