薬物動態:薬物相互作用

薬物動態:薬物相互作用

1. 臨床薬物相互作用試験(外国人データ、一部日本人を含む)1)

レテルモビルの薬物動態に及ぼす併用薬の影響及び併用薬の薬物動態に及ぼすレテルモビルの影響は以下の通りでした。

■レテルモビルの薬物動態に及ぼす併用薬の影響

レテルモビルの薬物動態に及ぼす併用薬の影響

外国人のデータ

QD:1日1回投与、BID:1日2回投与、PO:経口投与、AUC:1日1回投与の場合はAUC0-24hr、1日2回投与の場合はAUC0-12hr
※1:投与後24時間の血漿中濃度(C24hr)の幾何平均比(90%信頼区間)は、0.14(0.11, 0.19)であった。
※2:リファンピシン最終投与から24時間経過後のリファンピシンがレテルモビルに及ぼす影響を示す。C24hr­の幾何平均比(90%信頼区間)は、0.09(0.06, 0.12)であった。
※3:日本人データ
注) 本剤の用法・用量は、レテルモビルとして1日1回480mgを経口または静脈内投与である。なお、シクロスポリンを併用投与する場合には、1日1回240mgを経口または静脈内投与である。

■併用薬の薬物動態に及ぼすレテルモビルの影響

併用薬の薬物動態に及ぼすレテルモビルの影響

外国人のデータ

QD:1日1回投与、BID:1日2回投与、IV:静脈内投与、PO:経口投与、EE:エチニルエストラジオール、LNG:レボノルゲストレル、AUC:単回投与の場合はAUC0-∞、1日1回投与の場合はAUC0-24hr、1日2回投与の場合はAUC0-12hr
※:AUC0-lastの比
注) 本剤の用法・用量は、レテルモビルとして1日1回480mgを経口または静脈内投与である。なお、シクロスポリンを併用投与する場合には、1日1回240mgを経口または静脈内投与である。

4. 効能又は効果
同種造血幹細胞移植患者におけるサイトメガロウイルス感染症の発症抑制

6. 用法及び用量
錠240mg
通常、成人にはレテルモビルとして480mgを1日1回経口投与する。シクロスポリンと併用投与する場合にはレテルモビルとして240mgを1日1回経口投与する。
点滴静注240mg
通常、成人にはレテルモビルとして480mgを1日1回、約60分かけて点滴静注する。シクロスポリンと併用投与する場合にはレテルモビルとして240mgを1日1回、約60分かけて点滴静注する。

1) 社内資料(臨床薬物相互作用試験)

関連コンテンツ


プレバイミス®・感染症関連領域情報

関連製品