共有する

投与方法

投与方法

プレバイミス®は、生着の有無にかかわらず、移植当日から投与可能です

プレバイミス®

【プレバイミス®の用法及び用量】
通常、成人にはレテルモビルとして480mgを1日1回経口投与、もしくは約60分かけて点滴静注する。シクロスポリンと併用投与する場合にはレテルモビルとして240mgを1日1回経口投与、もしくは約60分かけて点滴静注する。

<用法及び用量に関連する注意>
〈効能共通〉

  1. 錠剤と注射剤は医師の判断で切り替えて使用することができる。ただし、臨床試験において注射剤の長期投与の経験はなく、注射剤の添加剤ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリンは腎機能障害のある患者で蓄積し、腎機能の悪化等を引き起こすおそれがあることから、注射剤の投与は最小限の期間とし、経口投与可能な患者には、経口投与を選択すること。
  2. サイトメガロウイルス血症又はサイトメガロウイルス感染症が確認された場合には、本剤の投与を中止し、サイトメガロウイルスに対する治療等、適切な対応を行うこと。

〈同種造血幹細胞移植〉

  1. 同種造血幹細胞移植の移植当日から移植後28日目までを目安として投与を開始すること。投与期間は、患者のサイトメガロウイルス感染症の発症リスクを考慮しながら、移植後200日目までを目安とすること。

〈臓器移植〉

  1. 移植後早期より投与を開始し、投与期間は、患者のサイトメガロウイルス感染症の発症リスクを考慮しながら、移植後200日目までを目安とすること。ただし、レテルモビルは主に肝を介して消失するため、移植後に肝機能が安定しない場合、血漿中濃度が上昇するおそれがあることから、投与可否を慎重に判断すること。

プレバイミス®錠240mg 電子添文, 2024年5月改訂(第4版)より作成
プレバイミス®点滴静注240mg 電子添文, 2024年5月改訂(第4版)より作成

関連コンテンツ


プレバイミス®・感染症関連領域情報

関連製品