共有する

取り組み事例レポート

取り組み事例レポート

免疫チェックポイント阻害剤の適正使用に向けた各施設の取り組み事例をご紹介いたします。
がん免疫療法における治療や検査の標準化、チーム医療や地域連携、免疫関連有害事象への対策、患者教育や患者サポートなど、様々な切り口で現場の先生・スタッフの皆さまに役立つ情報をお届けしていきます。

愛知県がんセンター
キイトルーダ®+レンビマ®併用療法のチェックポイント
婦人科と薬剤部の連携による副作用マネジメント(子宮体癌※1

掲載日:2022年10月
取材日:2022年4月27日
会場:オンライン取材

婦人科領域において免疫チェックポイント阻害剤のキイトルーダ®が使用可能となってから3年以上が経過し※2、2021年12月には「がん化学療法後に増悪した切除不能な進行・再発の子宮体癌」に対し、キイトルーダ®+レンビマ®併用療法が承認されました。免疫チェックポイント阻害剤は免疫関連有害事象(irAE)への注意が必要であり、それに経口のマルチキナーゼ阻害剤であるレンビマ®を併用することで、さらに多彩な副作用が発現する可能性があります。そのため、他科、多職種を含めた連携による副作用の早期発見と適切なマネジメントが求められます。
今回は愛知県がんセンター婦人科部の鈴木史朗先生、森正彦先生、薬剤部の橋本直弥先生に、キイトルーダ®+レンビマ®併用療法における副作用マネジメントのポイントについて、お話を伺いました。

※1 がん化学療法後に増悪した切除不能な進行・再発の子宮体癌
※2 がん化学療法後に増悪した進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する固形癌(標準的な治療が困難な場合に限る)注)
注)条件付き早期承認対象

記載されている薬剤の使用に当たっては電子添文をご参照ください。

取り組み事例レポート一覧

製品・領域関連情報・コンテンツ

関連コンテンツ


キイトルーダ®・悪性腫瘍関連領域情報

関連製品