概要

2020年8月、キイトルーダ®
「400mg 6週間間隔投与」が追加承認されました

200mg 3週間間隔と400mg 6週間間隔という治療間隔の選択肢が増えました

治療開始後に治療間隔を切り替えることも可能です

詳細はこちら >

モデリング&シミュレーションに基づく曝露-応答関係の解析により、3週間間隔投与と比較して有効性及び安全性に明確な差異はないと予測されました

欧州では2019年3月に単剤療法で、米国では2020年4月に成人に対する単剤療法と併用療法のいずれに対しても6週間隔投与が承認されています

詳細はこちら >

患者さんの病状や生活に応じて、投与回数、受診・通院頻度を調整することが可能です

患者さんの病状や生活を考慮に入れた新しい治療選択肢を提供します

詳細はこちら >

キイトルーダ®の適応症と用法及び用量の変遷

2020年8月、400mg 6週間間隔投与が新たに承認されました。

キイトルーダ®の適応症と用法及び用量の変遷

関連コンテンツ


キイトルーダ®・悪性腫瘍関連領域情報

関連製品