共有する

MSI 検査とは

MSI 検査:MSI 検査とは

はじめに

監修
埼玉県立がんセンター がんゲノム医療センター センター長/腫瘍診断・予防科 部長 赤木 究 先生
国立がん研究センター 先端医療開発センター長 落合 淳志 先生

近年、次世代シークエンサー(NGS)の進歩とともに分子標的薬が次々と開発され、ゲノム異常に応じた治療薬を使用するPrecision Medicineが進展しつつある。同時に個々の患者の治療選択を適切に行うためのコンパニオン診断薬の開発も行われ、承認されるようになってきている。個別化医療やPrecision Medicineはこれからの新しい癌医療の中心であり、そこにコンパニオン診断は不可欠な存在である。

また、癌腫横断的な治療薬の開発もここ数年注目を集めている。キイトルーダ®は、本邦初の癌腫横断的な適応である「がん化学療法後に増悪した進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する固形癌(標準的な治療が困難な場合に限る)注)」(以下、MSI-High固形癌)の承認を2018年12月に取得し、2021年8月には「治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MIS-High)を有する結腸・直腸癌」の適応を取得した。本適応の追加により、大腸癌においては検査実施のタイミングがこれまでより早期になり、検査数も今後、増えてくることが想定される。

Precision Medicineの進展に伴い、病理医、臨床検査技師に求められる役割はますます増加している。病理検体からの適切なコンパニオン診断を行うためには、病理検体の適切な管理が重要な課題である。一般に、病理診断のための精度管理は、「プレアナリティカル」、「アナリティカル」、「ポストアナリティカル」の3つの相に分けて考えられる。各相のいずれも重要であることは言うまでもないが、中でも「プレアナリティカル」における精度管理は重要で、適切な検体がなければ、適切な診断を行うことはできない。これらの精度管理の詳細に関しては、当コンテンツに加えて、日本病理学会より公表されている「ゲノム研究用・診療用病理組織検体取扱い規程」もあわせてご参照いただければ幸いである。

キイトルーダ®のMSI-High固形癌における適応を判定するためのコンパニオン診断薬として承認されているMSI検査キット(FALCO)は、遺伝的多様性(または遺伝子多型)の影響を受けにくい1塩基繰り返しの5マーカーを用いた、腫瘍組織のみでのMSI-High検出を実現した手法である。また、2021年6月にはFoundationOne® CDx がんゲノムプロファイリングも同適応の判定補助として利用が可能となった。(2021年6月現在では保険未償還)
当コンテンツでは、MSI検査キット(FALCO)について病理医、臨床検査技師がMSI検査を適切に行うための必要な情報を概説しており、当コンテンツがMSI検査の理解につながり、実臨床での指針として役立てば幸いである。

注)条件付き早期承認対象

MSI検査キット(FALCO)について

キイトルーダ®は、十分な経験を有する病理医又は検査施設における検査により、MSI-Highが確認された患者に投与してください。

MSI検査の流れ

検体の種類:FFPE組織(生検検体/切除検体)、新鮮凍結組織(判定が困難な場合は再検査陰性対照用の血液)

検体の取り扱いについてはゲノム研究用・診療用病理組織検体取扱い規程を参照

MSI検査は、マイクロサテライトの反復部位をPCRにより増幅させ、キャピラリー電気泳動の波形によってMSI-Highか否かを判定します。検査に必要な検体は、主に腫瘍細胞を含むFFPE組織(生検検体、切除検体共に可)になります。FFPE組織が提出できない場合には、新鮮凍結組織でも検査可能です。また、判定が困難な場合は再検査陰性対照用の血液が必要になります。検査の結果、陽性(MSI-High)と判定されましたら、従来の抗悪性腫瘍剤に加え新たにキイトルーダ®*3が治療選択肢の1つとして加わります。

*1 MSI検査を行うにあたり、患者に検査目的、手法、費用について説明し、検査がリンチ症候群診断のスクリーニングにもなり得ることを説明することを推奨する。

*2 陽性(MSI-High)で遺伝性疾患であるリンチ症候群を疑う場合は、患者にリンチ症候群確定のための遺伝学的検査の必要性を検討し、遺伝子診断を受けるかどうか確認することを推奨する。

*3 キイトルーダ®の効能又は効果(抜粋)は、「がん化学療法後に増悪した進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する固形癌(標準的な治療が困難な場合に限る)注)」、「治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する結腸・直腸癌」である。また、がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する結腸・直腸癌に対して2020年2月にニボルマブ、2020年9月にニボルマブとイピリムマブの併用療法が効能追加承認を取得している。

注)条件付き早期承認対象

5. 効能又は効果に関連する注意(抜粋)

〈がん化学療法後に増悪した進行・再発のMSI-Highを有する固形癌(標準的な治療が困難な場合に限る)〉
5.9 十分な経験を有する病理医又は検査施設における検査により、MSI-Highが確認された進行・再発の固形癌患者に投与すること。検査にあたっては、承認された体外診断用医薬品又は医療機器を用いること。なお、承認された体外診断用医薬品又は医療機器に関する情報については、以下のウェブサイトから入手可能である:https://www.pmda.go.jp/review-services/drug-reviews/review-information/cd/0001.html

5.10 結腸・直腸癌以外の固形癌の場合、本剤の一次治療における有効性及び安全性は確立していない。また、二次治療において標準的な治療が可能な場合にはこれらの治療を優先すること。

5.11 本剤の手術の補助療法における有効性及び安全性は確立していない。

5.12 臨床試験に組み入れられた患者の癌腫等について、「17. 臨床成績」の項の内容を熟知し、本剤の有効性及び安全性を十分に理解した上で、本剤以外の治療の実施についても慎重に検討し、適応患者の選択を行うこと。[17.1.12、17.1.13参照]

〈治癒切除不能な進行・再発のMSI-Highを有する結腸・直腸癌〉
5.19 十分な経験を有する病理医又は検査施設における検査により、MSI-Highが確認された患者に投与すること。検査にあたっては、承認された体外診断用医薬品又は医療機器を用いること。なお、承認された体外診断用医薬品又は医療機器に関する情報については、以下のウェブサイトから入手可能である:https://www.pmda.go.jp/review-services/drug-reviews/review-information/cd/0001.html

5.20 本剤の術後補助療法における有効性及び安全性は確立していない。

MSIステータスの判定とキイトルーダ®の適応

5種類のMSIマーカー(BAT‑26、NR‑21、BAT‑25、MONO‑27、NR‑24)の中で、MSI+と識別されたMSIマーカーの数により、以下の判定基準に従ってMSI検査の結果を判定し、キイトルーダ®適応の可否を判断します。

MSI検査の判定とキイトルーダ®の適応

MSI検査キット(FALCO)添付文書第6版より作成

MSI検査における保険収載の内容

【保険収載の概要】

MSI検査キット(FALCO)は、ペムブロリズマブのコンパニオン診断薬として承認され、その後使用目的が拡大されました。MSI検査における保険収載の概要については以下をご参照ください。

保険収載の概要

検査料の点数の取扱いについて(保医発0825第1号令和3年8月25日)より改変

MSI検査キット(FALCO)の使用目的は以下のとおりです。
【使用目的】
がん組織から抽出したゲノムDNA中の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)の検出
-ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)の固形癌患者への適応を判定するための補助
-ニボルマブ(遺伝子組換え)の結腸・直腸癌患者への適応を判定するための補助
-大腸癌におけるリンチ症候群の診断の補助
-大腸癌における化学療法の選択の補助

癌腫別にみたMSI‑Highの頻度

32種類の癌患者12,019例を対象とした解析により、24種類の癌においてMSI‑High固形癌が確認されました。割合が高い順に、子宮内膜癌、胃腺癌、小腸癌、結腸・直腸腺癌、子宮頸癌と、多岐にわたる癌の種類の中でも比較的消化器癌、婦人科癌で頻度が高いことが報告されています。

癌種別のMSI-Highの固形癌の割合(海外データ)

early stage: stageⅠ~Ⅲ late stage: stageⅣ

【対象・方法】32の癌腫(サブタイプ)の患者12,019例を対象に、次世代シーケンサー(NGS)によりMMR欠損癌の患者の割合を特定できた24の癌腫別に評価した。

This translation is not an official translation by AAAS staff, nor is it endorsed by AAAS as accurate.
In crucial matters, please refer to the official English-language version originally published by AAAS.

Le DT et al. Science 2017; 357: 409-413
本論文は、MSD社の資金提供及び著者に同社の社員を含む。

ページのTOPへ

関連コンテンツ


キイトルーダ®・悪性腫瘍関連領域情報

関連製品