副作用

副作用

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

11.1 重大な副作用

11.1.1 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(頻度不明)

11.1.2 薬剤性過敏症症候群(頻度不明)

初期症状として発疹、発熱がみられ、さらに肝機能障害、リンパ節腫脹、白血球増加、好酸球増多、異型リンパ球出現等を伴う遅発性の重篤な過敏症状があらわれることがある。なお、ヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)等のウイルスの再活性化を伴うことが多く、投与中止後も発疹、発熱、肝機能障害等の症状が再燃あるいは遷延化することがあるので注意すること1)

11.1.3 過敏症(頻度不明)

11.1.4 横紋筋融解症、ミオパチー(いずれも頻度不明)

筋肉痛、脱力感、CK上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症があらわれ、急性腎障害等の重篤な腎障害があらわれることがある。また、ミオパチーがあらわれることがあるので、筋力低下、筋痛や著明なCKの上昇があらわれた場合には投与を中止すること。

11.1.5 腎不全(0.1%)

11.1.6 肝炎(0.1%)

重篤な肝炎があらわれることがある。

11.1.7 胃炎(0.3%)

重篤な胃炎があらわれることがある。

11.1.8 陰部ヘルペス(0.1%)

重篤な陰部ヘルペスがあらわれることがある。

11.2 その他の副作用

1) 厚生労働省:重篤副作用疾患別対応マニュアル 薬剤性過敏症症候群

関連コンテンツ


アイセントレス®・感染症関連領域情報

関連製品