作用機序

作用機序1)

HIVインテグラーゼは、HIV遺伝子にコードされたウイルス複製に必要な酵素であり、ラルテグラビルは、HIVインテグラーゼの触媒活性を阻害する。HIVインテグラーゼの阻害により、HIV感染初期において、HIVゲノムの宿主細胞ゲノムへの共有結合的挿入又は組み込みが阻害される。組み込まれなかったHIVゲノムは、感染性ウイルス粒子を新たに産生することができないため、ウイルスの感染拡大が阻止される。なお、ラルテグラビルは、DNAポリメラーゼα、β、γを含むヒトホスホリルトランスフェラーゼに対し、顕著な阻害作用を示さなかった。

ラルテグラビルの作用機序2)

1) 社内資料:作用機序に関する検討
2) Pommier Y, et al. Nat Rev Drug Discov 2005;4(3):236 -248.より改変

関連コンテンツ


アイセントレス®・感染症関連領域情報

関連製品