被接種者向けQ&A

え?赤ちゃんのためにB型肝炎の予防?
ピンと来ないかもしれませんね。
わからないことがあったら、かかりつけ医におたずねください。
さあ、みんなで、B型肝炎から、赤ちゃんを守りましょう。

肝炎の主な原因は、ウイルス感染です!

肝炎って、お酒やメタボが原因の「大人の病気」と思っていませんか?
実のところ、より多くの原因は、肝炎を起こすウイルスによる感染で、大人・子どもにかかわらず、誰でもかかる可能性のある病気なのです。

ウイルス性肝炎には、A型、B型、C型などの種類があります!

肝炎を起こすウイルスには、A~Eまでの型があります。その中で、日本においてはC型、ついでB型による肝炎が多いのです。

B型肝炎ウイルスはうつりやすい!

B型肝炎ウイルスは、ほかの型の肝炎ウイルスよりも血液中のウイルス量が多いため、うつりやすいといわれています*

*  小池和彦他. HIV・HCV重複感染時の診療ガイドライン 2005年度版

B型肝炎ウイルスにも種類があります!

B型肝炎ウイルスにはジェノタイプA~Hまでの種類があります。日本でのB型肝炎ウイルスの主な種類はジェノタイプB,Cでしたが、最近では欧米に多いジェノタイプAが持ち込まれ、わが国でも増加しております。

急性肝炎とその症状について。

感染してから症状がほとんどないまま、ウイルスが体外へ排除されるケースもありますが、急激に症状が悪化して、数ヵ月以内にほとんど治るのが急性肝炎です。
子どもは症状が軽く、検査をしなければ分からないことも多いですが、黄だんや出血といった症状があらわれやすくなり、まれに命にかかわる劇症肝炎を引き起こす可能性もあります。

キャリアとは。

感染したあとウイルスが排除されずに、肝臓にすみついている状態を「キャリア」といいます。
子どもは大人よりも感染するとキャリアになりやすいのです。また子どもがキャリアになっても症状がほとんどなく、血液検査をしてはじめて感染していることがわかります。

慢性肝炎とは。

キャリア化したあと、炎症により慢性的に肝機能の異常がみられることを「慢性肝炎」といいます。
子どもの慢性肝炎は症状がほとんどなく、血液検査しなければわからないことが多いです。

肝硬変、肝がんとは。

慢性肝炎の状態が続くと、肝細胞が破壊されていきます。やがて肝臓が硬くなり、疲れやすく、黄だんがあらわれ、肝機能が大きく低下することがあります(肝硬変)。慢性肝炎や肝硬変から、命にかかわる肝がんへと進行する可能性もあります。

B型肝炎ウイルスの感染を予防するためのワクチンがあります。

ウイルスが原因の肝炎は、感染から守ることで、防ぐことができる病気なのです。
現在、日本にはB型肝炎ウイルスの感染を予防するためのワクチンがあります。
※乳幼児期にB型肝炎ワクチンを接種すると、B型肝炎ウイルスの感染を予防するための抗体を獲得しやすいことが分かっています。

日本では約130万~150万人がB型肝炎ウイルスに感染しているといわれています*

予防する方法を知らずに感染してしまった人や、すでに感染しているのに、自分が感染していることに気づいていない人もいるのが実情です。

*日本肝臓学会編. 慢性肝炎の治療ガイド, 2008, 東京, 文光堂, 2007.

世界では赤ちゃんのうちに接種するのが一般的です。

WHO加盟国では193ヵ国中181ヵ国で、すべての赤ちゃんへの接種が開始されています(2012年時点)*

世界の常識を、日本でも常識にし、赤ちゃんをB型肝炎から守っていくことが必要です。

* WHO Immunization Coverage;Fact sheet No378:Feb 2014

赤ちゃんは、うつりやすい環境にあります。

B型肝炎ウイルスは唾液や体液(汗や涙)などからも感染します。
家族や同居人と濃厚な接触の機会が多い赤ちゃん。
分娩時における母子感染以外に、周囲との接触による感染が、なんと35%も占めています*。感染すると、もっともキャリア化しやすいのは赤ちゃんです。
そんなうつりやすい環境にいる赤ちゃんを、ウイルスに感染する前に、早く守ってあげましょう。

* Komatsu H, et al. Hepatology Res 2009;39:569-576.

赤ちゃんの人生、そして未来を守るために。

赤ちゃんのうちにB型肝炎ウイルスに感染すると、大人になってから感染するよりもキャリア化する可能性が高く、人生のどこかで慢性肝炎を起こし、肝硬変や肝がんを発症する危険性があります*
早めのワクチン接種を検討してください。

* CDC, MMWR Recomm Rep 2005;54(RR-16): 1-31.

大切な赤ちゃんをB型肝炎から守るために予防方法のひとつとして予防接種を検討してみましょう。

関連コンテンツ


ヘプタバックス®・ワクチン領域関連情報

関連製品