特徴

特徴

  1. ヘプタバックス®-ⅡはB型肝炎ウイルス未罹患児に対し、100%の抗体陽転率(最終接種1カ月後)を認めました。成人に対しては、初回接種7カ月後(3回目接種1カ月後)の抗体陽転率は、筋肉内接種で94.3%、皮下接種で90.2%でした。
  2. adw(ジェノタイプA由来)を含み、本剤を接種したチンパンジーでは、HBs抗体が産生され、aywやadrといった他の型のウイルスに対しても感染防御効果が確認されました。
    (参照 薬効を裏付ける試験成績(チンパンジー))
  3. 世界54ヵ国で承認されています。

主な副反応は、ワクチン日誌を用いた国内第Ⅲ相臨床試験で報告されたものでは、注射部位の疼痛、紅斑、腫脹、そう痒感(いずれも5%以上)でした。

重大な副反応としてショック(0.1%未満)、アナフィラキシー(頻度不明)、多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎、脊髄炎、視神経炎、ギラン・バレー症候群、末梢神経障害(いずれも頻度不明)があらわれることがあります。
添付文書の副反応及び臨床成績の安全性の結果をご参照ください。

*:抗体陽転率は、測定可能なHBs抗体が検出された被接種者の割合を示すもので、B型肝炎に対する感染防御を示す被接種者の割合ではない。

関連コンテンツ


ヘプタバックス®・ワクチン領域関連情報

関連製品