効能又は効果、用法及び用量

効能又は効果、用法及び用量

4. 効能又は効果

〈適応菌種〉
本剤に感性の大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、緑膿菌、アシネトバクター属
ただし、カルバペネム系抗菌薬に耐性を示す菌株に限る

〈適応症〉
各種感染症

5. 効能又は効果に関連する注意

5.1 本剤は、AmblerクラスA又はクラスCのβ-ラクタマーゼの関与が考えられる原因菌による感染症に投与すること。[18.1、18.2.2参照]

5.2 髄膜炎患者での安全性及び有効性は検討されていない。

6. 用法及び用量

通常、成人には1回1.25g(レレバクタムとして250mg/イミペネムとして500mg/シラスタチンとして500mg)を1日4回30分かけて点滴静注する。

7. 用法及び用量に関連する注意

7.1 腎機能障害のある患者[クレアチニンクリアランス(CLCR)が90mL/min未満]に対しては下表を参考に本剤の用量を調節すること。また、腎機能が変動している患者では、CLCRを確認すること。[9.2、16.6.1参照]

用法及び用量に関連する注意

† Cockcroft-Gault式により推定したCLCR
‡ いずれの用量も30分かけて投与する。

7.2 CLCRが15mL/min未満で血液透析をしていない患者における臨床推奨用量の根拠となるデータは得られていない。

関連コンテンツ


レカルブリオ®・感染症関連領域情報

関連製品