ピフェルトロ®錠100mgの特徴

ピフェルトロ®錠100mgの特徴

野生型ウイルスおよびK103N、Y181Cなどの主要なNNRTI耐性ウイルスに対して阻害活性を示しました(in vitro)。

治療未経験HIV-1感染患者を対象とした海外第Ⅲ相臨床試験において、 ドラビリン+2 NRTIの有効性は、ダルナビル/リトナビル(DRV/r)+ 2 NRTI、エファビレンツ(EFV)+2 NRTIに対し非劣性であることが検証されました。

治療経験があるHIV-1感染患者を対象とした海外第Ⅲ相臨床試験において、 ドラビリン+2 NRTIへの切り替え群の有効性は、ベースライン治療※継続 群に対し非劣性であることが検証されました。

安全性
海外臨床試験における主な副作用は、悪心、下痢、疲労、頭痛、 浮動性めまい、異常な夢でした。

安全性については、添付文書の副作用および臨床成績の安全性の結果をご参照ください。


NNRTI:非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤、 NRTI:ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤、 DRV:ダルナビル、 r:リトナビル、 EFV:エファビレンツ

関連コンテンツ


ピフェルトロ®・感染症関連領域情報

関連製品