予防接種に対する不安を軽減するために

接種医だけでなく予防接種に携わるすべての関係者が、予防接種を受ける人の不安や恐怖心の程度を事前に知り適切に対応することで、そのストレスを軽減したり、接種時のめまいや失神を予防できる可能性があります。

注射は医療現場ではよく行われている医療行為ですが、注射を受ける人にとっては不安やストレスを感じることがあり、その恐怖心が強い場合は、本来行われるべき医療が受けられないこともあります。

カナダ公衆衛生協会(Canadian Public Health Association:CPHA)から発出されている、トロント大学の Help ELiminate Pain in KIDS (HELPinKIDS&Adults) によって開発された臨床現場における実践的なガイダンス〔・注射に対する恐怖心とその対応(エクスポージャー法)・注射による失神とその対応(筋緊張法)〕と、予防接種を気持ちよく受けて頂くための医療従事者の対応法〔CARD System(Comfort ・Ask ・Relax ・Distract)〕をご紹介いたします。


ファイルのダウンロードには MSD Connectへの会員登録 が必要です。


ワクチン Medical Education 他のコンテンツ