予防接種におけるコミュニケーションについて

世界の中でもワクチンへの信頼度が低い日本。子供やその保護者が予防接種を躊躇する場面に遭遇したことはありませんか?そのワクチンへの忌避(Vaccine Hesitancy)に対してどのように向き合うべきか、そのコミュニケーション方法のポイントをご覧いただけます。

世界保健機関(World Health Organization:WHO)が発表した「2019年の世界の健康に関する10の脅威」*の中に、ワクチンへの忌避が挙げられました。ワクチンへの忌避とは、「予防接種を受けたり、子供に予防接種を受けさせることを躊躇したり拒否したりすること」と定義されています。

予防接種の受け入れには医療従事者の説明や関わり方が大きく影響するといわれています。当コンテンツでは、ワクチン忌避への対応の一つとして、コミュニケーション方法のポイントをまとめております。

*:Ten threats to global health in 2019, World Health Organization


ファイルのダウンロードには MSD Connectへの会員登録 が必要です。


ワクチン Medical Education 他のコンテンツ