エスラックス®の特性

エスラックス®の特性

エスラックス®は、作用発現が速い非脱分極性筋弛緩剤です。

  • 国内第Ⅲ相試験において、エスラックス®の作用発現時間はベクロニウム臭化物に対し、有意に速いことが確認されました。(p<0.001、t-検定)。(臨床成績のページ参照)
  • 追加投与において、持続投与が可能です。
  • 水溶液製剤のため、用時溶解の必要がありません。
  • 重大な副作用として、ショック、アナフィラキシー、遷延性呼吸抑制、横紋筋融解症、気管支痙攣が報告されています。主な副作用は、浮動性めまい、徐脈、洞性徐脈、心室性期外収縮、低血圧、潮紅、上腹部痛、接触性皮膚炎、発疹、注射部位紅斑、心拍数増加、血圧上昇、血圧低下、アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加、血中ビリルビン増加、白血球数減少、白血球数増加、血小板数減少、血小板数増加、血中アルカリホスファターゼ増加、血中アルカリホスファターゼ減少、血中コレステロール増加等です。
    副作用については、添付文書の副作用及び臨床成績の安全性の結果をご参照ください。

関連コンテンツ


エスラックス®・麻酔関連領域情報

関連製品