NNMMについて

NNMMについて

設立の主旨

Nippon Neuromuscular Meeting(NNMM)は、神経筋伝達を中心とした麻酔科領域の研究を推進すると共に、その成果を広く公表し、当該分野の医療技術向上に貢献することを目的としています。

事業内容

学術集会の開催

設立趣旨を達成するため、毎年1回学術集会を開催します。

奨励賞の授与

神経筋伝達に関する研究論文を募集し、優れた研究に対してNNMM学術奨励賞を授与してきました(2011年および2012年)。

2013年からは日本臨床麻酔学会が設立する「企業後援研究奨励賞」に協賛し、同学会にてMSD アワードとして公募、選考、及び授賞がなされており、NNMM学術集会にてMSDアワード受賞記念講演をいただいています。

受賞者

『Reversibility of Rocuronium-Induced Deep Neuromuscular Block with Sugammadex in Infants and Children-A Randomized Study』
松井 美貴 先生:日本大学医学部麻酔科学系麻酔科学分野
Biol Pharm Bull 42:1637-40, 2019

※ご所属は受賞時のものです。

受賞者1

『Differences of Recovery from Rocuronium-induced Deep Paralysis in Response to Small Doses of Sugammadex between Elderly and Nonelderly Patients』
村松 隆宏 先生:千葉大学医学部附属病院麻酔・疼痛・緩和医療科
Anesthesiology. 129:901-11. 2018

受賞者2

『Usefulness of Basophil Activation Tests for Diagnosis of Sugammadex-Induced Anaphylaxis』
堀内 辰男 先生:群馬大学大学院医学系研究科麻酔神経科学
Anesth Analg. 126:1509-16. 2018

※ご所属は受賞時のものです。

受賞者1

『Influence of preoperative oral rehydration on arterial plasma rocuronium concentrations and neuromuscular blocking effects :A randomized controlled trial』
石垣 さやか 先生:自衛隊横須賀病院 麻酔科
Eur J Anaesthesiol 2017; 34:16-21.

受賞者2

『The predictive ability of six pharmacokinetic models of rocuronium developed using a single bolus : evaluation with bolus and continuous infusion regimen』
笹川 智貴 先生:旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科
J Anesth (2016) 30:620-627

※ご所属は受賞時のものです。

受賞者1

『Effect of Lung-protective ventilation-induced respiratory acidosis on the duration of neuromuscular blockade by rocuronium』
田口 真也 先生:福山市民病院 麻酔科・がんペインクリニック
J Anesth. 2016;30(6):994-998.

※ご所属は受賞時のものです。

受賞者1

『Muscle relaxant effects on insertion efficacy of the laryngeal mask ProSeal® in anesthetized patients: a prospective randomized controlled trial』
藤原 淳 先生:大阪医科大学 麻酔科学教室
Journal of Anesthesia.2015;29:580-4

受賞者2

『Reversal of neuromuscular block with sugammadex: a comparison of the corrugator supercilii and adductor pollicis muscles in a randomized dose-response study』
山本 聡美 先生:日本大学医学部 麻酔科学系麻酔科学分野
Acta Anaesthesiologia Scandinavica.2015;59(7): 892-901

※ご所属は受賞時のものです。

受賞者1

『In non-obese patients, duration of action of rocuronium is directly correlated with body mass index』
藤本 昌史 先生:熊本大学大学院 生命科学研究部麻酔科学
Can J Anaesth. 2013;60(6):552-6.

受賞者2

『A large individual variation in both the infusion rate and the blood concentration of rocuronium necessary for obtain adequate surgical muscle relaxation during total intravenous anesthesia with propofol and remifentanil』
梶浦 明 先生:自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科
J Anesth. 2015;29(1):9-14.

※ご所属は受賞時のものです。

受賞者1

『Reversal with sugammadex in the absence of monitoring did not preclude residual neuromuscular block』
小竹 良文 先生:東邦大学医学部麻酔科学講座
Anesth Analg. 2013;117:345-51

受賞者2

『The effects of age on maintenance of intense neuromuscular block with rocuronium』
古谷 友則 先生:日本大学医学部麻酔科学系麻酔科学分野
Acta Anaesthesiol Scand. 2012;56:236-9

受賞者3

『Effect of bolus injection of 20 ml saline with arm elevation on the onset time of vecuronium administered via a peripheral vein: a randomised controlled trial』
仁田原 慶一 先生:医療法人SSC坂口耳鼻咽喉科麻酔科、福岡大学医学部麻酔科学
Anaesthesia. 2013;68:904-7

※ご所属は受賞時のものです。

受賞者1

『Effects of muscle relaxants on mask ventilation in anesthetized persons with normal upper airway anatomy』
池田 彩 先生:千葉大学医学部附属病院麻酔・疼痛・緩和医療科
Anesthesiology. 2012;117:487-93

受賞者2

『Reversibility of rocuronium-induced profound neuromuscular block with sugammadex in younger and older patients』
鈴木 孝浩 先生:日本大学医学部麻酔科学系麻酔科学分野
Br J Anaesth. 2011;106:823-6

受賞者3

『Correlation between cardiac output and reversibility of rocuronium-induced moderate neuromuscular block with sugammadex』
吉田 史彦 先生:日本大学医学部麻酔科学系麻酔科学分野
Acta Anaesthesiol Scand 2012; 56: 83–7

※ご所属は受賞時のものです。

MSD株式会社が2009年に発足いたしました「Nippon Neuromuscular Meeting(NNMM)」の事業の一つであるNNMM研究奨励賞の第2回受賞論文が決定しましたので、ここに発表いたします。

受賞論文、受賞者

受賞者1

『Monitoring masseter muscle evoked responses enables faster tracheal intubation』
北島 治 先生:社会保険相模野病院 麻酔科
J Anesth. 2010; 24: 173-6

受賞者2

『ロクロニウム持続注入法によりプロポフォール麻酔下の患者を適切な筋弛緩状態に維持した10例の検討』
伊藤 祥子 先生:東京警察病院 麻酔科
麻酔 2010; 59: 82-6

受賞者3

『Effectiveness of the timing principle with high-dose rocuronium during rapid sequence induction with lidocaine, remifentanil and propofol』
鈴木 孝浩 先生:日本大学医学部 麻酔科学系麻酔科学分野
J Anesth. 2010; 24: 177-81

※ご所属は受賞時のものです。

MSD株式会社が2009年に発足いたしました「Nippon Neuromuscular Meeting(NNMM)」の事業の一つであるNNMM研究奨励賞の第1回受賞論文が決定しましたので、ここに発表いたします。

受賞論文、受賞者

受賞者1

『Infusion requirements and reversibility of rocuronium at the corrugator supercilii and adductor pollicis muscles』
鈴木 孝浩 先生:日本大学医学部 麻酔科学系麻酔科学分野
Acta Anaesthesiol Scand 2009; 53: 1336-40

受賞者2

『Rocuronium dose-dependently suppresses the spectral entropy response to tracheal intubation during propofol anaesthesia』
川口 慎憲 先生:防衛医科大学校 麻酔学講座
Br J Anaesth 2009; 102: 667-72

受賞者3

『ネオスチグミンによる神経筋刺激伝達抑制に関する検討』
北島 治 先生:日本大学医学部麻酔科学教室 駿河台日本大学病院
麻酔2009; 58: 410-5

※ご所属は受賞時のものです。

関連コンテンツ