効能・効果、用法・用量

効能又は効果、用法及び用量

4.効能又は効果

クロストリジウム・ディフィシル感染症の再発抑制

5.効能又は効果に関連する注意

臨床成績の項の内容を理解した上で、クロストリジウム・ディフィシル感染症の既往がある等、再発リスクが高いと 判断した患者を対象とすること。[ 17.1.1 参照 ]

6.用法及び用量

通常、成人にはベズロトクスマブ(遺伝子組換え)として10mg/kgを60分かけて単回点滴静注する。

7.用法及び用量に関連する注意

7.1本剤の使用に際しては、次の点に注意すること。
    ・クロストリジウム・ディフィシル感染症に対する治療は、別途適切に行うこと 。
    ・本剤は、クロストリジウム・ディフィシル感染症に対する治療施行中に投与すること 。
    ・本剤を複数回投与した場合のベネフィット・リスクは不明である。

関連コンテンツ


ジーンプラバ®・感染症関連領域情報

関連製品