医療環境オンデマンド 「Move 連動企画 2020年度診療報酬改定オンデマンドセミナー」 シリーズ動画リスト

医療環境オンデマンド 「Move 連動企画 2020年度診療報酬改定オンデマンドセミナー」 シリーズ動画

木村情報技術株式会社 コンサナリスト事業部 事業部長
川越 満 先生

 MOVE特集号「2020年度診療報酬改定のポイント」で取り上げた項目の中から
▽かかりつけ医機能▽病床再編と地域包括ケア病棟▽オンライン診療・ICTの推進▽薬剤関連(感染症対策・調剤報酬含む)▽精神科関連――の5つのテーマについて解説いたします。

動画タイトル概要リンク
テーマ1
かかりつけ医機能の改定ポイント
 大病院の“定義”が今回も見直され一般病床「200床以上」の地域医療支援病院にまで拡大されました。一方、「かかりつけ医」機能の評価については、地域包括診療加算の要件緩和、機能強化加算と生活習慣病管理料の要件追加、オンライン診療料の要件緩和と対象拡大などが実施されました。
(再生時間:12分17秒)
list-external-black.png動画再生ページへ
テーマ2
病床再編と地域包括ケア病棟の改定ポイント
 地域医療構想を促進するために病床再編を促す改定になりました。急性期病院は新設された地域医療体制確保加算:520点(入院初日)を算定するために年間救急搬送件数2000件以上を目指します。一方、地域包括ケア病棟は在宅医療の実績や入退院支援等に係る施設基準が見直されました。
(再生時間:11分42秒)
list-external-black.png動画再生ページへ
テーマ3
オンライン診療・ICTの推進に関する改定ポイント
 今回は、オンライン診療料の要件が大幅に緩和され、対象疾患に慢性頭痛が追加されました。さらにD to P with Dを評価した遠隔連携診療料が新設されました。てんかんや指定難病が疑われる場合に遠隔から専門医が介入することを評価した項目です。さらにカンファレンス等にICTを使用できる要件も緩和されました。
(再生時間:12分22秒)
list-external-black.png動画再生ページへ
テーマ4
薬剤関連(感染症対策・調剤報酬含む)の改定ポイント
 医薬品の適正使用に関しては、ポリファーマシーの改善、抗菌薬の適正使用、薬薬連携の評価などが実施されました。調剤報酬に関しては、対物業務から対人業務への構造的な転換を求める内容となり、がん患者、喘息患者、糖尿病患者に対する服薬フォローの評価が新設されました。
(再生時間:14分28秒)
list-external-black.png動画再生ページへ
テーマ5
精神科関連の改定ポイント
 地域移行・地域生活支援を含む質の高い精神医療の評価するために、プラス評価となる項目が多くを占める一方、代表的な項目である精神科在宅患者支援管理料、地域移行機能強化病棟、精神科救急入院料の3つは改革に向けた再編が行われました。
(再生時間:13分49秒)
list-external-black.png動画再生ページへ