リムパーザ®が拓くCRPC治療最前「腺」 ー「知る」から始まる個別化治療ー【前立腺癌】第6回 BRCA遺伝⼦変異検査が必要な患者とは?

2021年07月21日視聴時間: 9:01

2020年12⽉、PARP阻害剤であるリムパーザ®が、「BRCA遺伝⼦変異陽性の遠隔転移を有する去勢抵抗性前⽴腺癌」に対する適応を取得し、mCRPC治療において初めて個別化治療が選択肢に加わりました。第6回では、九州⼤学⼤学院医学研究院 泌尿器科学分野 教授 江藤 正俊先⽣に、「BRCA遺伝⼦変異検査が必要な患者とは?」をテーマに、検査の対象となり得る患者像や遺伝⼦変異検査を⾏う意義について、先⽣のお考えをご解説いただきました。ぜひご覧ください。

九州⼤学⼤学院医学研究院 泌尿器科学分野 教授  江藤 正俊 先生

リムパーザ®コンテンツ一覧


リムパーザ®・悪性腫瘍関連領域情報

関連製品