Oncology On Demand Lecture 【悪性黒色腫】 悪性黒色腫におけるキイトルーダ®の術後補助療法: KEYNOTE-054 3年フォローアップ解析

2021年12月22日視聴時間: 09:25

ご監修・ご出演
名古屋市⽴⼤学⼤学院 医学研究科 加齢・環境⽪膚科学分野 准教授 加藤 裕史 先生

悪性⿊⾊腫は病期が進むにつれ再発頻度が増えますが、悪性⿊⾊腫に対する術後補助療法は再発を未然に防ぐことが期待されます。キイトルーダ®は2018年12⽉に、再発リスクが⾼いⅢ期の悪性⿊⾊腫の術後補助療法として使⽤できるようになりました。
本動画では、キイトルーダ®が術後補助療法として⽤いられるエビデンスとなった、
KEYNOTE-054試験の3年フォローアップデータを、名古屋市⽴⼤学⼤学院 医学研究科 加齢・環境⽪膚科学分野 准教授の加藤 裕史 先⽣にご解説いただきます。

▼ 全編再生時間 09:25
|01:49
KEYNOTE-054試験概要
|03:13
主要評価項⽬:無再発⽣存期間
|03:36
主要評価項⽬:PD-L1発現別の無再発⽣存期間
|04:06
病期別の無再発⽣存期間
|05:17
BRAF-V600E/K遺伝⼦変異有無別の無再発⽣存期間
|05:47
安全性
|07:31
まとめ


解説動画

関連コンテンツ

キイトルーダ 悪性黒色腫(メラノーマ)コンテンツ一覧

関連コンテンツ