Oncology On Demand Lecture 【頭頸部癌】 PD-L1検査における新たな指標「CPS」とは

2020年12月23日視聴時間: 8:44

キイトルーダ®は、2019年12⽉より、再発⼜は遠隔転移を有する頭頸部癌に対して、単剤または化学療法との併⽤において使⽤可能となっています。本コンテンツでは、キイトルーダ®による頭頸部癌治療の効果予測として使⽤される指標「CPS」の意義について、臨床的および分⼦⽣物学的な観点から解説いたします。

監修:札幌医科⼤学医学部 病理学第⼀講座 教授  ⿃越 俊彦 先生

▼ 全編再生時間 08:44
|01:51
臨床的な観点からみたCPSの有⽤性
〜KEYNOTE-012試験の結果から〜

|03:45
分⼦⽣物学的な観点からみたCPSの有⽤性
〜IFN-γの関連性を考える〜

|07:40
まとめ


解説動画

関連コンテンツ

キイトルーダ®コンテンツ一覧


キイトルーダ®・悪性腫瘍関連領域情報

関連製品