1分で読める睡眠豆知識 ~都道府県別の睡眠状況 秋田県編~

都道府県別の睡眠状況 秋田県編

秋田県の睡眠に関するデータ

総務省統計局.「社会生活基本調査からわかる都道府県ランキング(平成28年社会生活基本調査)」より、秋田県は総睡眠時間が全国で最も長く、8時間02分であり、全国で唯一8時間を超えています。

そんな秋田県の睡眠にはどんな特徴があるのでしょうか。
詳しく見てみましょう。

内閣府「令和元年版高齢社会白書」より、秋田県は最も高齢化率が高く、2018年度では36.4%となっています。なお、2位は高知県の34.8%、3位は島根県で34.0%です。

「睡眠に関する都道府県別データ」より、就寝時間の全国平均が23:12なのに対して、秋田県では22:33と40分ほど早く、全国で最も就寝時間が早くなっています。
また、起床時間も全国平均が6:32なのに対して、秋田県では6:20と12分早く、全国6位(同率順位)となっています。
「都道府県別データ」から秋田県は「早寝早起き」であるということがいえるかと思いますが、これは高齢化率の高さが影響しているのかもしれません。

秋田県の睡眠に関するデータ

MSD Connect 睡眠に関する都道府県別データより

また、質の良い睡眠は肌にも良いといわれており、秋田県の睡眠の特徴が「秋田美人」を生む一つの要因になっているのかもしれませんね。
みなさまも質の良い睡眠をとれるよう、ぜひ取り組んでみてください。