• 薬剤師はどこから来て、どこへ向かうのか
  • 薬剤師が誕生する前、薬を司っていたのは医師だった。
  • さらに遡れば、僧侶であり、祈祷師であり、
  • 錬金術師が活躍する時代もあった。
  • 薬は病を癒すだけでなく、命を奪う毒物でもある。
  • いつの時代も、
  • 薬を扱う者は人の生と死と隣り合ってきた。
  • だからこそ、薬と人をめぐる長い歴史には
  • 数々のドラマが刻まれている。
  • 過去を知ることは未来を考える道へつながる。
  • 薬剤師はどこから来て、どこへ向かうのか。
  • その使命と可能性を見つめ直す旅に出よう。

薬と人をめぐるHISTORIA…過去を知ることは未来を考える道へつながる。薬剤師はどこから来て、どこへ向かうのか。その使命と可能性を見つめ直す旅に出よう。

skip
  • 薬を扱う人々の年代史

    過去の各時代、薬と薬学がどのような人々に司られ発展してきたのか、変遷を追います。

  • 人物伝

    薬に関わる歴史に名を残す古今東西の人物をクローズアップします。

  • 医薬分業史

    日本の医薬分業の歴史を振り返り、これからの薬剤師の使命と可能性を考えます。

  • 文化史

    薬にまつわる興味深い文化史の話題をピックアップしてご紹介します。

監修:大阪薬科大学 学長/福井大学医学部 名誉教授 政田幹夫 先生
最近の記事 最近の記事

2016-11-22 西洋医学の源――“まじない”と合理主義が綾なす古代エジプトの医療 西洋医学の源流ともいえる、古代エジプトの医学・薬学について取り上げます。宗教と医学が一体化した時代とはいえ、それは驚くほど発達したものでした。

続きはこちら >


2016-10-17 稀代の絵師・若冲の晩年を支えた合薬商・吉野五運 生誕300年で脚光を浴びる江戸の絵師、伊藤若冲。その晩年を支えた豪商・吉野五運と当時の合薬商の隆盛ぶりをお伝えします。

続きはこちら >


2016-07-13 アスクレピオスの杖とヒギエイアの杯 杖に絡みつく蛇、杯に絡みつく蛇。医療・薬学関係のシンボルとして、世界中で使用されている「図案」の由来を探ってみました。

続きはこちら >


2016-06-07 記紀神話をたずねて -薬にまつわる日本の神様- 日本の薬にまつわる歴史の始まりを伝えるものとして、記紀神話に登場する薬の神、大国主神と少彦名神の逸話をご紹介します。

続きはこちら >


2016-06-07 医薬本草に通じ、調剤を趣味とした長寿将軍 徳川家康は、薬にまつわる歴史に名を残す有名人の一人。医師顔負けの医薬本草の知識をもち、調剤を趣味とした、その人物像に迫ります。

続きはこちら >


2016-06-07 医薬分業とは? 日本の医薬分業の歴史は明治時代にさかのぼります。欧米諸国とは異なる独自の道を歩んできた日本の医薬分業について、その起源と現在を概括します。

続きはこちら >


Pharmacist townトップに戻る