C型肝炎治療の変遷

C型肝炎は輸血に伴って起こる肝炎として、1970年代のはじめに注目されるようになりました。当初、病原ウイルスは不明で、非A非B型肝炎と呼ばれていました。C型肝炎と名付けられたのは、1989年、米国で遺伝子の断片が検出されて診断法が確立されてからです。

わが国では、1989年11月から輸血用血液のスクリーニングにC型肝炎の抗体検査(HCV c100-3抗体=第一世代抗体)が取り入れられました。しかしこの検査は、感染後3~6ヵ月経過しても70~80%しかウイルスを検出できず、十分なものとはいえませんでしたが、1992年2月からは発症1ヵ月程度で陽性となり、広範囲の抗体検出が可能な第二世代の抗体検査が導入されました。さらに、1999年10月からは世界に先駆けて核酸増幅検査(NAT)が導入され、HCV遺伝子を検出することが可能となりました。NATの導入により、HCVに感染した血液が輸血される心配はほぼなくなりました。

しかしながら、こうした輸血用血液のスクリーニング体制が確立されるまでは、大きな手術等で血液製剤を使用した場合にはHCVの感染がないとは言い切れません。つまり、1992年2月の第二世代の抗体検査が導入される以前に輸血を受けた人、また1994年以前にフィブリノゲン製剤の投与を受けた人(フィブリン糊としての使用を含む)、または1988年以前に血液凝固第VIII、第IX因子製剤の投与を受けた人も、HCVに感染している可能性があります。

C型慢性肝炎の治療目的は、HCVを排除し、肝硬変への進展、肝がんの発生を阻止することです。わが国では1992年に抗ウイルス療法としてインターフェロン(IFN)が認可されました。しかし、遺伝子型1bで高ウイルス量(1meq/mLまたは100KIU/mL 以上)の患者さんでは、ウイルス排除率約5%に過ぎませんでした。

インターフェロン(IFN)による治療は、イントロンA®(一般名:IFNα-2b)とレベトール®(一般名:リバビリン)の併用療法が開発されて、大きく前進しました。
レベトール®は、1972年にWitkowski らによって合成されたプリンヌクレオシドアナログで、RNAおよびDNAウイルスに対して幅広い抗ウイルス活性を持っています。HCVに対しては単独で使用した場合は効果は認められませんが、イントロンA®と併用すると優れた効果を発揮します。この併用療法の開発は、1995年から米国シェリング・プラウ社が取り組み始めました。日本では1996年から開発が始まり、優先審査により2001年11月に承認されています。

ペグイントロン®の登場によって、さらに進歩を遂げることになりました。
ペグイントロン®は、平均分子量12kDのメトキシポリエチレングリコール(PEG) をIFNα-2b に共有結合させたものです。PEG修飾による高分子化によって、主として腎からの排泄が抑制され、持続的な体内動態を示します。そのため、イントロンA®では週3回の投与が必要でしたが、ペグイントロン®の登場で週1回の投与が可能となりました。

日本では「ジェノタイプ1かつ高ウイルス量」の患者さんを対象に、併用療法での48週間投与の臨床試験が実施され、優先審査の取り扱いにより、2004年10月に承認されています。また、「ジェノタイプ1かつ高ウイルス量」以外の患者さんについても、24週間投与の臨床試験の結果、2005年12月に追加承認されました。

ペグイントロン®、レベトール®に次ぐ薬剤としてDAA(Direct-Acting Antivirals)の開発が行われ、C型肝炎治療の効果もさらに高まりました。プロテアーゼ阻害剤であるテラプレビルが2011年11月に発売、第二世代のプロテアーゼ阻害剤として、シメプレビルが2013年11月、そしてバニプレビルが2014年9月に製造販売承認取得、11月に発売され、ペグイントロン®、レベトール®の3剤併用療法が「ジェノタイプ1かつ高ウイルス量」の患者さんに対して可能となりました。また、2014年9月には経口剤のみの治療も行えるようになっています。