共有する

警告/禁忌

警告/禁忌

警告

(1)本剤による治療は、緊急時に十分対応できる医療施設において、がん化学療法に十分な知識・経験を持つ医師のもとで、本療法が適切と判断される症例についてのみ実施すること。また、治療開始に先立ち、患者又はその家族に有効性及び危険性を十分説明し、同意を得てから投与すること。
(2)本剤と放射線照射を併用する場合に、重篤な副作用や放射線照射による合併症が発現する可能性があるため、放射線照射とがん化学療法の併用治療に十分な知識・経験を持つ医師のもとで実施すること。
(3)本剤の投与後にニューモシスチス肺炎が発生することがあるため、適切な措置の実施を考慮すること
(「重要な基本的注意」、「重大な副作用」及び【臨床成績】の項参照)。

禁忌(次の患者には投与しないこと)

(1)本剤又はダカルバジンに対し過敏症の既往歴のある患者
(2)妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)

関連コンテンツ