「話題の医学」TV番組

日常診療にお役立ていただける「話題の医学」TV番組について、こちらからご確認いただけます。様々な疾患の豊富な情報を提供してまいります。
下記リスト内に会員専用が表示されているコンテンツはMSD Connect会員限定コンテンツです。こちらからご登録いただけばすぐご覧になれます。


1 件目から 10件目を表示しています。 ヒット件数: 12件
「話題の医学」TV番組
2015-07-12

話題の医学 これからの認知症施策(後編)-認知症になっても、希望と尊厳をもって生きていくことができる社会の実現に向けて-

東京都健康長寿医療センター研究所 部長
粟田 主一 先生

再生時間:13分58秒

認知症の方を支える家族は「生活支援のキーパーソン」ではあるものの、同時に家族を支えていくための社会資源やその仕組みづくりも必要である。後編では、地域ぐるみで認知症の方を支える事例や認知症の当事者たちの活動を紹介し、どのような生活機能をサポートしていくことが認知症の方本人の社会生活向上につながるのか解説する。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2015-07-05

話題の医学 これからの認知症施策(前編)-質の高い診断と診療後支援の仕組みづくりに向けて-

東京都健康長寿医療センター研究所 部長
粟田 主一 先生

再生時間:13分58秒

超高齢社会を迎えた我が国において、大きな課題となりつつある「認知症」への対応をさらに充実したものとするために、2015年、新オレンジプランが施行された。認知症の方が住み慣れた地域で暮らしていくために、どのような社会資源をいかに充実させていくのか?新オレンジプランにおける7本の柱を示すとともに、今後のかかりつけ医の役割についても解説する。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2015-05-31

話題の医学 児童思春期の精神医学的問題(後篇)

社会福祉法人 恩賜財団母子愛育会 総合母子保健センター愛育クリニック 小児精神保健科 部長
齊藤 万比古 先生

再生時間:13分58秒

児童思春期の精神医学は多様な精神疾患を診療対象としている。その代表的な「疾患群」として、今現在、社会的にも注目されているのは「発達障害」である。この発達障害の特性は、極めて一般的な人格特性にまで広がるスペクトラムと捉えることが可能である。ここでは、児童思春期の精神医学的問題の捉え方と子供の心の問題に対する予防、治療などに関して詳しく解説する。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2015-05-24

話題の医学 児童思春期の精神医学的問題(前篇)

社会福祉法人 恩賜財団母子愛育会 総合母子保健センター愛育クリニック 小児精神保健科 部長
齊藤 万比古 先生

再生時間:13分58秒

精神科を新たに受診する患者数は、毎年約5%の割合で増えており、子供の受診数もそれにつれて増加している。子供の心の問題は多くの識者の関心を呼び、医学的、心理学的、および社会学的見地からの論説が盛んである。ここでは、「疾患」と「問題」の第一の観点と「生物-心理-社会モデル」の第二の観点について詳しく解説する。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2015-02-15

話題の医学 うつ病とECT

JR東京総合病院メンタルヘルス・精神科 部長
村木 健郎 先生

再生時間:13分58秒

うつ病の基本的な治療は、軽症から精神病症状を伴う重症うつ病まで薬物療法が幅広く行われている。他の治療法としては、軽症から中等度うつ病に対しては心理・社会的治療が行われており、また特に、重症のうつ病に対して高い有効性を示し、注目を集めているのがECT:「電気けいれん療法」である。本作品ではパルス波治療器による実際の治療状況を見せながらECTの特徴と安全性、その治療効果を解説する。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2014-07-27

話題の医学 認知行動療法によるうつ・不安の治療

千葉大学大学院医学研究院認知行動生理学教授・子どものこころの発達研究センター センター長
清水 栄司 先生

再生時間:13分58秒

「うつ病」は抑うつ気分・興味の喪失等が、「不安症」は不安感等が、それぞれ過剰に持続し、日常機能に支障をきたす精神疾患である。近年、この「うつ病」、「不安症」に対し、認知行動療法が薬物療法と同等、またはそれ以上の治療効果を示すこともあると言われている。認知行動療法は、それぞれの疾患の病態に応じたCase Formulationに基づき、16回ほどのセッションを行うことでその症状を改善させる治療法として今注目されている。


別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2014-03-23

話題の医学 うつ病者の職場復帰支援のポイント -目標は働き続けられるようになること-

慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室 専任講師 ストレス研究センター
白波瀬 丈一郎 先生

再生時間:13分58秒

うつ病等で休業した労働者が職場復帰を希望する場合、企業と労働者は対決する関係になりがちである。その場合、産業医はしばしばレフリーの役割を求められる。対決関係を回避するには、職場復帰支援に「チームで行う」という枠組みを作ることが重要となる。そこでは、産業医はプレーヤー兼チームドクターとしてチームに加わり、労働者や企業と共に「しっかり働き続けられるようになる」という職場復帰の目標達成を目指す。


別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2013-02-24

話題の医学 うつ病の診断と治療(後編)

慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 教授
三村 將 先生

再生時間:13分58秒

うつ病の主な治療法は大きく、環境調整、薬物療法、精神療法の3つに分けられる。うつ病の治療においては、生物・心理・社会的な要因を踏まえて、多面的、包括的にアプローチしていくことが重要となる。薬物療法は治療の中核となるが、それだけに偏ることなく、さまざまな治療法をバランスよく取入れ、リスクとベネフィットとを考えて実施して行く心構えが重要となる。


別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2013-02-17

話題の医学 うつ病の診断と治療(前編)

慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 教授
三村 將 先生

再生時間:13分58秒

精神疾患は慢性疾患の中で日常生活に及ぼすダメージが大きく、障害で損なわれた生命年数でみても、疾患による生活損失量は内科・外科疾患以上に大きいといわれている。その精神疾患の代表といえるのがうつ病である。うつ病は、気分を調節する脳内の神経伝達が障害された病的な状態であるため、早期の受診、早期発見が重要である。本作品は、このうつ病の診断のポイントについて解説する。


別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2012-08-05

話題の医学 ストレスケア病棟におけるうつ病の治療

不知火病院 院長
徳永 雄一郎 先生

再生時間:13分58秒

人は誰しも日常生活の中で様々な「ストレス」を抱えている。うつ病は今や年齢層など関係がなく、むしろ若年層に多い病気であることが分かっている。治療法としては、従来の薬物療法や集団療法、カウンセリングに加え、自然環境を最大限に生かし、薬物療法を少なくすることをコンセプトとして持つ。今回は、ストレスケアセンター外観、そして治療風景などをいくつか紹介し、解説していく。


別画面で再生する
 

領域別情報はこちら

MSD製品に関するお問い合わせはこちら