プロペシア®錠 安全性

副作用

48週間の二重盲検比較試験において、安全性評価対象276例中11例(4.0%)に14件の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が認められた。主な症状はリビドー減退3例(1.1%)、勃起機能不全2例(0.7%)等であった。

(1)重大な副作用

1)肝機能障害(頻度不明)注):肝機能障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処理を行うこと。
注)自発報告あるいは海外において認められている。

(2)その他の副作用

次のような症状又は異常があらわれた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

表


注1) 自発報告あるいは海外において認められている。
注2) 本剤の投与中止後に、精液の質が正常化又は改善されたとの報告がある。
注3) 市販後において、投与中止後も持続したとの報告がある。

propecia-img_pdf_icon.gif添付文書情報(PDF)