プロペシア®錠 臨床成績<国内データ (1年)>

国内投与試験(1年間)におけるプロペシア ® 錠1mgおよび0.2mgの効果

プロペシア®の改善率は0.2mg群で54%、1mg群で58%であり、プラセボ群(6%)に対して有意に優れていました。
なお、0.2mg群と1mg群の間には有意差はみられませんでした。(1年後写真評価)

改善効果


【試験】
多施設二重盲検比較試験

【対象】
20歳以上50歳以下で脱毛症以外には心身ともに健康な男性でModified Norwood/Hamilton分類においてⅡvertex型、Ⅲvertex型、Ⅳ型、Ⅴ型に分類される中等度までの男性型脱毛症(AGA/エージーエー)患者

【方法】
プロペシア®錠1mg、0.2mgまたはプラセボを各々1日1回1錠、1年(48週)間経口投与

【写真評価方法】
各評価時点[投与前、3ヵ月(12週)、6ヵ月(24週)、1年(48週)]で頭部写真を標準化された機材、方法で撮影した。盲検下で第三者機関の熟練した皮膚科専門医(E. Olsen、R.Savin、D. Whiting)が、投与前と投与後の写真を比較して7段階(著明改善、中等度改善、軽度改善、不変、軽度進行、中等度進行、著明進行)で評価した。なお、上記3名の皮膚科専門医による評価の再現性は確認されている。

Kawashima M et al. Eur J Dermatol 2004; 14(4): 247-254.

※効能・効果、用法・用量、禁忌を含む使用上の注意等詳細は添付文書情報をご参照ください。

propecia-img_pdf_icon.gif添付文書情報(PDF)