効能・効果、用法・用量、禁忌

効能・効果

男性における男性型脱毛症の進行遅延

<効能・効果に関連する使用上の注意>

(1) 男性における男性型脱毛症のみの適応である。他の脱毛症に対する適応はない。

(2) 20歳未満での安全性及び有効性は確立されていない。

(3) 女性に対する適応はない。
[海外で実施した閉経後女性の男性型脱毛症を対象とした12ヵ月間のプラセボ対照二重盲検比較試験(n=137)において、フィナステリドの有効性は認められなかった。*

*Price V H et al. J Am Acad Dermatol 2000; 43(5, Pt. 1): 768-776.


用法・用量

男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与する。なお、必要に応じて適宜増量できるが、1日1mgを上限とする。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

3ヵ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ヵ月の連日投与が必要である。また、効果を持続させるためには継続的に服用すること。なお、増量による効果の増強は、確認されていない。
本剤を6ヵ月以上投与しても男性型脱毛症の進行遅延がみられない場合には投薬を中止すること。また、6ヵ月以上投与する場合であっても定期的に効果を確認し、継続投与の必要性について検討すること。

禁忌(次の患者には投与しないこと)

  1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  2. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人
    [「重要な基本的注意」、「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照]


propecia-img_pdf_icon.gif添付文書情報(PDF)