肺炎罹患率 主要評価項目

23価肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンを併用することで、さらに優れた効果が得られます

肺炎羅漢率


対 象: 長崎県川棚町、波佐見町、東彼杵町でインフルエンザワクチンの定期接種を受けている65歳以上の高齢者(n=786)
方 法: 23価肺炎球菌ワクチン接種群と非接種群に無作為に割り付け、2年間の観察を行い、市中肺炎罹患率と肺炎治療にかかった総医療費を比較した。
主要評価項目: すべての原因による肺炎発症、すべての原因による肺炎のための入院
副次評価項目: すべての原因による肺炎の医療費
医療費の計算には、各ワクチンの接種費用を含めた。

1年目の肺炎羅漢率(75歳以上)


主要評価項目

対 象: 長崎県川棚町、波佐見町、東彼杵町でインフルエンザHAワクチンの定期接種を受けている65歳以上の高齢者786例
方 法: 23価肺炎球菌ワクチン接種群と非接種群に無作為に割り付け、2年間の観察を行い、肺炎罹患率、肺炎入院率、および肺炎にかかった総医療費を比較(医療費には、インフルエンザHAワクチンおよび23価肺炎球菌ワクチンの接種費用を含む)

領域別情報はこちら

MSD製品に関するお問い合わせはこちら


接種ツールオーダーシステム

肺炎予防.jp