「話題の医学」TV番組

日常診療にお役立ていただける「話題の医学」TV番組について、こちらからご確認いただけます。様々な疾患の豊富な情報を提供してまいります。
下記リスト内に会員専用が表示されているコンテンツはMSD Connect会員限定コンテンツです。こちらからご登録いただけばすぐご覧になれます。


1 件目から 5件目を表示しています。 ヒット件数: 5件
「話題の医学」TV番組
2014-09-14

話題の医学 慢性肝炎の最新の治療(C型)

大阪大学名誉教授/関西労災病院 病院長
林 紀夫 先生

再生時間:13分58秒

C型慢性肝炎の治療は、1992年のインターフェロンによる抗ウイルス療法にはじまり、ペグインターフェロン、リバビリン、プロテアーゼ阻害剤の3剤併用療法、インターフェロンを含まない抗ウイルス剤の治療、すなわちプロテアーゼ阻害剤とNS5A阻害剤の併用療法に至るまで、大きな進歩を遂げてきた。今回は、C型慢性肝炎の最新治療について解説する。

別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2013-01-20

話題の医学 ウイルス肝炎の治療(後編)

武蔵野赤十字病院消化器科 副院長 (※配信当時)
泉 並木 先生

再生時間:11分08秒

C型肝炎ウイルス感染は、わが国の肝癌の原因の7割以上を占めている。肝癌に進行させないためにはウイルスを肝臓から排除する治療が重要である。治療効果に関与する因子が判明し、個々の症例毎に効果予測や発癌予測がたてられるようになった。今回は進歩が著しいC型肝炎の治療について日常臨床で必要な知識を解説する。


別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2013-01-13

話題の医学 ウイルス肝炎の治療(前編)

武蔵野赤十字病院消化器科 副院長 (※配信当時)
泉 並木 先生

再生時間:13分58秒

わが国では年間3万人以上が肝癌で死亡しており、先進国の中では極めて多いといえる。肝癌の90%以上がB型やC型肝炎ウイルス感染から発症するため、肝炎の段階で治療し、進行を防止する対策が重要である。わが国では肝炎対策基本法が2008年に制定され、医療費助成制度など対策が施行されている。適切に患者選択を行い、肝癌への進行を防止するためのB型肝炎の治療について解説する。


別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2012-01-15

話題の医学 C型慢性肝炎のガイドライン2011 (後編)

順天堂大学 消化器内科 教授
渡辺 純夫 先生

再生時間:13分58秒

2011年に行われたガイドラインの改定では、ジェノタイプ1型に対して、ペグインターフェロンとリバビリンにプロテアーゼ阻害剤を加えた3者併用療法が新たに加わった。「C型慢性肝炎のガイドライン2011」、後編では3者併用療法と、ALT正常C型肝炎例への治療ガイドライン、そして医療費助成制度について解説する。


別画面で再生する
「話題の医学」TV番組
2012-01-08

話題の医学 C型慢性肝炎のガイドライン2011 (前編)

順天堂大学 消化器内科 教授
渡辺 純夫 先生

再生時間:13分58秒

わが国で約150万人以上と推定されるC型肝炎ウイルス持続感染患者の多くは、自分が感染していることに気づいていない可能性がある。血液検査でALTやASTなどの肝機能異常を指摘され、はじめて気づくことも多い。ここでは2011年に改定されたガイドラインに基づき、C型慢性肝炎の病態と治療について解説する。


別画面で再生する