服用者の利便性を考慮したシートデザインです

マーベロン®28は、服用しやすい一相性、28錠、カレンダータイプです

最上列左端の白色錠から矢印の方向に、1日1錠をほぼ一定の時刻に服用させる。白色錠をすべて(21錠)服用し終えたら、緑色錠を1日1錠飲み続けさせる(7日間)。

服用者の利便性を考慮したシートデザインです

1枚の薬剤シートが空になった後、消退出血が終わっていても継続していても、翌日から新しい薬剤シートに移り、
休むことなく最上列左端の白色錠から服用を開始させる。以後同じように繰り返し服用させる。

一相性カレンダーシートの特徴

[用法及び用量に関連する使用上の注意]

  1. 本剤は、他の経口避妊剤の投与が適当でないと考えられる場合に投与を考慮すること[レボノルゲストレル等の経口避妊剤と比較して、静脈血栓症の相対危険率を増加させることを示唆する報告がある。(「その他の注意」の項参照)]
  2. 毎日一定の時刻に服用させること(「重要な基本的注意」の項参照)。
  3. 服用開始日
    経口避妊剤を初めて服用させる場合、月経第1日目から服用を開始させる。服用開始日が月経第1日目から遅れた場合、飲みはじめの最初の1週間は他の避妊法を併用させること。

マーベロン®21は、服用しやすい一相性、21錠タイプです

マーベロン®21は、服用しやすい一相性、21錠タイプです

例えば、月経が水曜日に始まった場合、表示されている〔水〕の錠剤から矢印の方向に1日1錠をほぼ一定の時刻に21日間服用させる。

休薬期間に消退出血が発来するが、その発来日、持続日数にかかわらず、8日目から新しいシートの〔水〕から同様に服用させる。以後、同じように繰り返し服用させる。

領域別情報はこちら

MSD製品に関するお問い合わせはこちら