MSI-High固形癌:施設の取り組み

施設の取り組み

MSI-High固形癌の診断とMSI検査における医療連携
― 近畿大学病院遺伝子診療部の取り組み ―


近畿大学病院

お話を伺った先生方

左)近畿大学病院 内科学腫瘍内科部門 医学部講師 川上 尚人 先生

中)近畿大学病院 遺伝子診療部副部長 准教授 西郷 和真 先生

右)近畿大学病院 遺伝子診療部 認定遺伝カウンセラー 池川 敦子 先生

Highlights

  • MSI-High固形癌にキイトルーダ®という治療選択肢が登場した
  • “癌腫横断的な適応”という新たな概念によって、多診療科・多職種の連携が必要となった
  • 近畿大学病院は、腫瘍内科・遺伝子診療部を基軸としたチーム医療で院内・院外まで広く連携し、MSI検査、irAE対策を含めた事例の共有を試みている
  • MSI検査をはじめとする遺伝子検査が今後広まっていくなかで、患者および患者家族に対する遺伝カウンセリング等によるサポートの充実がこれまで以上に望まれる

当コンテンツは会員限定コンテンツです。
ご覧いただくにはログインが必要です。

会員登録により MSD Connect 内のすべての会員限定コンテンツがご覧いただけます。

関連コンテンツ


キイトルーダ®・悪性腫瘍関連領域情報

関連製品