禁忌、効能・効果、用法・用量

【禁忌(次の患者には投与しないこと)】

(1) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

(2) 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者 [輸液及び
インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。]

(3) 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者 [インスリン注射による血糖
管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]


【効能・効果】

2型糖尿病

【用法・用量】

通常、成人にはシタグリプチンとして50mgを1日1回経口投与する。

なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg
1日1回まで増量することができる。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

(1) 本剤は主に腎臓で排泄されるため、腎機能障害のある患者では、下表を目安に用量調節すること。

〔「慎重投与」及び「薬物動態」の項参照〕

腎機能障害 クレアチニンクリアランス (mL/min)
血清クレアチニン値(mg/dL)*
通常投与量 最大投与量
中等度 30 ≤ CrCl < 50
男性: 1.5 < Cr ≤ 2.5
女性: 1.3 < Cr ≤ 2.0
25mg 1日1回 50mg 1日1回
重度、末期腎不全 CrCl < 30
男性: Cr > 2.5
女性: Cr > 2.0
12.5mg 1日1回 25mg 1日1回

* クレアチニンクリアランスに概ね相当する値

(2) 末期腎不全患者については、血液透析との時間関係は問わない。

2016年4月改訂(第22版)


本剤のご使用にあたり、【使用上の注意】等詳細は添付文書をご参照ください。

領域別情報はこちら

MSD製品に関するお問い合わせはこちら


J-Hotline