医療関係者向けインクレチン情報

インクレチン研究の歴史

糖尿病の研究は急速な進歩を遂げており、血糖調節に関する新しい知見を背景に新たな展開がみられています。最近は、インクレチンの血糖コントロールにおける役割に注目が集まっています。インクレチンは食事の摂取により分泌される消化管ホルモンで、生理的濃度で血糖依存性にインスリン分泌を促進します。近年、インクレチンの糖尿病治療への応用が試みられており、2型糖尿病に対する新しい治療の選択肢として開発が進んでいます。

■インクレチン歴史年表


  1. CreutzfeldtW. Regul Pept 2005; 128(2): 87‐91.
  2. Kieffer TJ & Habener JF. Endocr Rev 1999; 20(6): 876‐913.
  3. Bayliss WM & Starling EH. J Physiol 1902; 28(5): 325‐353.
  4. La Barre J. Bull Acad R Med Belg 1932; 12: 620–634.
  5. McIntyre N et al. Lancet 1964; 2(7349): 20‐21.
  6. Elrick HJ et al. Endocrinol Metab 1964; 24: 1076‐1082.
  7. Nauck M et al. Diabetologia 1986; 29(1): 46‐52.
  8. Kreymann B et al. Lancet 1987; 2(8571): 1300‐1304.
  9. Kieffer TJ et al. Endocrinology 1995; 136(8): 3585‐3596.
  10. Deacon CF et al. Diabetes 1995; 44(9): 1126‐1131.
  11. Deacon CF et al. J Clin Endocrinol Metab 1995; 80(3): 952‐957.
  12. Deacon CF et al. Int J Biochem Cell Biol 2006; 38(5‐6): 831‐844.
  13. Holst JJ & Deacon CF. Diabetes 1998; 47(11): 1663‐1670.

領域別情報はこちら

MSD製品に関するお問い合わせはこちら


J-Hotline