アイセントレス


添付文書 (913kb)
インタビュー
フォーム
(844kb)

HIV感染症治療とアイセントレス®の特徴(動画)

インテグラーゼのメカニズム(動画)

アイセントレス®の服用にあたって(製品資料ダウンロード)

アイセントレス®錠400mgの特徴

  1. 世界初のインテグラーゼ阻害薬である。

  2. 早期から優れたHIVウイルス抑制効果を示す。

    ・ 治療未経験患者を対象とした海外第Ⅲ相試験(STARTMRK)において、アイセントレス®はエファビレンツに対して非劣性であることが示された。

    ・ アイセントレス®投与群は、エファビレンツ投与群に比べ、より早期にウイルスを<50copies/mLに抑制することが示された。

  3. チトクロームP450(CYP)により代謝を受ける可能性は低い(in vitro)。
    主にUDP-グルクロノシルトランスフェラーゼ(UGT)1A1により代謝を受ける(in vitro、マウス、ラット、イヌ)。

  4. 1日2回、食事の有無にかかわらず投与できる。

  5. 副作用
    [治療経験患者を対象にした試験]
    3つの臨床試験(005 試験、BENCHMRK 1 及び2)において、本剤(400mg 1日2回)と最適基礎療法注)の併用投与群(507例)の2%以上に認められた中等度又は重度の副作用は、頭痛(2.0%)であった。

    [治療未経験患者を対象にした試験]
    二重盲検試験(STARTMRK)において、本剤(400mg 1 日2 回)とエムトリシタビン及び テノホビルの併用投与群(281 例)の2%以上に認められた中等度又は重度の副作用は、悪心(2.8%)、頭痛(3.9%)、不眠症(3.6%)であった。

  6. 重大な副作用として、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(頻度不明)、薬剤性過敏症症候群(頻度不明)、過敏症(頻度不明)、横紋筋融解症、ミオパチー(いずれも頻度不明)、腎不全(0.1%)、肝炎(0.1%)、胃炎(0.3%)、陰部ヘルペス(0.1%)があらわれることがある。

注)薬剤耐性検査及び抗HIV治療歴に基づいて治験責任医師が無作為化前に選択した、患者ごとの抗HIV薬の最適組み合せ療法


本剤のご使用にあたり、「禁忌」、「効能・効果」、「効能・効果に関連する使用上の注意」、「用法・用量」、「使用上の注意」等の詳細は、添付文書をご参照ください。


領域別情報はこちら

MSD製品に関するお問い合わせはこちら