BENCHMRK-1、BENCHMRK-2試験

抗HIV治療経験患者を対象にした第Ⅲ相臨床試験(BENCHMRK 1、BENCHMRK 2試験注))(海外データ)1)~3)


[目 的]

対象患者におけるアイセントレス®のウイルス学的及び免疫学的効果、安全性を評価する。

[試験デザイン]

多施設共同無作為化二重盲検試験

[対 象]

HIV感染患者で、3クラスの抗HIV薬(NRTI、NNRTI、PI)の各々で1剤以上に耐性が確認され、血漿中HIV RNA量が1,000copies/mL以上である16歳以上の699例

[方 法]

アイセントレス®(400mg1日2回)と最適基礎療法*)又はプラセボと最適基礎療法*)のいずれかを96週間投与した。

[エンドポイント]

主要評価項目:16週における、血漿中HIV RNA量<400copies/mLの患者の割合
蓄積された安全性評価

副次評価項目:16週における、血漿中HIV RNA量(Log10 copies/mL)のベースラインからの平均変化量
16週における、CD4リンパ球数のベースラインからの平均変化量 など

[解析計画]

評価項目におけるアイセントレス®のプラセボに対する優越性を検証した。

[結 果]

血漿中HIV RNA量低下作用


BENCHMRK 1試験とBENCHMRK 2試験の併合データ:
投与群別の転帰(48 及び96 週時)(主要/副次評価項目)

投与群別の転帰(48 及び96 週時)(主要/副次評価項目)


* 欠測値の取扱い方法:二者択一で評価を行う項目(患者割合の評価)については、未完了例=失敗例とした。ただし、規定した評価時点のデータが欠測であっても、その前後の来院ともHIV RNA量が<400copies/mL、又はHIV RNA量が<50copies/mLの場合は、当該欠測値を解析から除外した。HIV RNA量(Log10 copies/mL)のベースラインからの変化量及びCD4リンパ球数のベースラインからの変化量については、効果不十分のために割り付けられた治療を中止した患者では、ベースライン値を評価値として扱うObserved Failure法を採用した(Observed Failure法:効果不十分による中止例=失敗例)。
† ウイルス学的失敗:第16週までにHIV RNA量が>1.0Log10 copies/mLの低下をしなかった患者、又はHIV RNA量が<400copies/mLに達しなかった患者をノンレスポンダーと定義した。またウイルス量の再上昇は、1週間以上の間隔で2回連続的に行った測定において、(a)HIV RNA量がいったん<400copies/mLに到達後、>400copies/mLに上昇した患者又は(b)HIV RNA量がいったん到達した最低レベルより>1.0Log10 copies/mLの再増加をした患者と定義した。
‡ 48週時の結果は最低48週時のデータを含む。96週時の結果は、96週までのデータを含む。
§ 追跡不能、同意の撤回、服薬不良、治験実施計画書からの逸脱、その他の理由を含む。
N=各投与群の患者数


BENCHMRK 1試験とBENCHMRK 2試験の併合データ:
血漿中HIV RNA量<50copies/mLを達成した患者の割合の推移(95%信頼区間)(副次評価項目)
(未完了例=失敗例;NC=F法)

血漿中HIV RNA量<50copies/mLを達成した患者の割合の推移(95%信頼区間)(副次評価項目)(未完了例=失敗例;NC=F法)


安全性

96週における薬剤関連有害事象の発現率は、アイセントレス®群58.4%、プラセボ群で58.6%でした。主な薬剤関連有害事象(発現率≧2%)は、アイセントレス®群では頭痛4.8%、悪心4.1%、下痢3.2%、疲労3.2%、腹部膨満感2.2%、プラセボ群では頭痛5.1%、下痢5.1%、悪心4.6%、発熱2.5%、嘔吐2.1%でした。



注)BENCHMRK:Blocking integrase in treatment Experienced patients with a Novel Compound against HIV:MeRcK, MK-0518

BENCHMRK 1及びBENCHMRK 2試験の試験デザインは同一であり、参加国が異なる。
BENCHMRK 1(350例):ヨーロッパ、アジア/太平洋沿岸諸国、ペルー
BENCHMRK 2(349例):南北アメリカ

*)最適基礎療法:薬剤耐性検査及び抗HIV治療歴に基づいて治験責任医師が無作為化前に選択した、患者ごとの抗HIV薬の最適組み合せ療法


1)承認時評価資料
2)Steigbigel RT, et al. N Engl J Med 2008;359(4):339-354.
3)Steigbigel RT, et al. Clin Infect Dis 2010;50(4):605-612.
(利益相反:MSD社が本第Ⅲ相試験に資金提供。Steigbigel、Cooper、Kumar、Eron、Schechter、Markowitz、Loutfy、Lennox、ClotetはMSD社の委託研究者。Steigbigel、Cooper、Kumar、Eron、Schechter、Markowitz、Lennox、Gatell、Rockstroh、Katlama、Yeni、Lazzarin、ClotetはMSD社から講師料、アドバイザー料またはコンサルタント料を受領。Cooper、Eron、Markowitz、Loutfy、Gatell、Lennox、Yeni、LazzarinはMSD社から研究助成を受けた。Zhao、Chen、Meibohm、Miller、Hazuda、DiNubile、Isaacs、Nguyen、Teppler、Ryan、Rhodes、Killar、Gilde、Strohmaier、Nessly、BarnardはMSD社員。)

本剤のご使用にあたり、「禁忌」、「効能・効果」、「効能・効果に関連する使用上の注意」、「用法・用量」、「使用上の注意」等の詳細は、添付文書をご参照ください。


領域別情報はこちら

MSD製品に関するお問い合わせはこちら