製法の概要

本剤は、組換えDNA技術を応用して、酵母により産生されたB型肝炎ウイルス表面抗原(HBs抗原)を含む液にアルミニウム塩を加えてHBs抗原を不溶性とした液剤である。

製法の概要図

*2014年3月改訂(第17版)

接種不適当者を含む接種上の注意の改訂には十分ご留意ください。

【接種不適当者(予防接種を受けることが適当でない者)】
被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合には、接種を行ってはならない。

  1. 明らかな発熱を呈している者
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  3. 本剤の成分によってアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな者
  4. 上記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者

領域別情報はこちら

MSD製品に関するお問い合わせはこちら


接種ツールオーダーシステム