保険給付上の注意

  1. 「B型肝炎の予防」の目的で使用した場合は、保険給付の対象とはなりません。
    但し、血友病患者に「B型肝炎の予防」の目的で使用した場合は、保険給付の対象となります。(平成2年3月30日付事務連絡)
  2. 「HBs抗原陽性でかつHBe抗原陽性の血液による汚染事故後のB型肝炎発症予防(抗HBs人免疫グロブリンとの併用)」及び「B型肝炎ウイルス母子感染の予防(抗HBs人免疫グロブリンとの併用)」の目的で使用した場合には保険給付されます。その場合の取扱いについては、下記の通りですから、十分ご留意ください。
    1. 「HBs抗原陽性でかつHBe抗原陽性の血液による汚染事故後のB型肝炎発症予防(抗HBs人免疫グロブリンとの併用)」の場合の取扱い
      汚染の原因 業務上 業務外
      適用範囲
      1.当該負傷を原因としてHBs抗原陽性でかつHBe抗原陽性血液による汚染を受けたことが明らかで、洗浄、消毒、縫合等の処置とともに抗HBs人免疫グロブリンの注射に加え、本剤の接種が行われた場合
      労災保険
      適用
      健康保険
      等適用
      2.既存の負傷にHBs抗原陽性でかつHBe抗原陽性血液が付着し汚染を受けたことが明らかで、上記1と同様の処置が行われた場合 労災保険
      適用
      健康保険
      等適用
    2. 「B型肝炎ウイルス母子感染の予防(抗HBs人免疫グロブリンとの併用)」の場合の取扱い1995年4月1日より、下記の診療については健康保険で給付されます。
      1. HBs抗原陽性の妊婦に対する
        ●HBe抗原検査
      2. HBs抗原陽性の妊婦から出生した乳児に対する
        ●HBs抗原・抗体検査
        ●抗HBs人免疫グロブリン投与及びB型肝炎ワクチン接種

      (平成7年3月31日付保険発第53号)

      なお、妊婦に対するHBs抗原検査は妊婦健康診査の内容に含めて実施されます。

      (平成9年4月1日付児発第251号)

領域別情報はこちら

MSD製品に関するお問い合わせはこちら


接種ツールオーダーシステム