汚染事故後のB型肝炎発症予防

臨床成績(汚染事故後のB型肝炎発症予防)

HBs抗原陽性・HBe抗原陽性の血液による汚染事故後のB型肝炎発症予防

HBe抗原陽性の血液による汚染に対し、本剤0.5mL1~3回接種した結果、HBs抗原、HBc抗体の陽性化等感染を疑わせる所見も認められず、B型肝炎の発症例はありませんでした。(6例)

6.用法及び用量(抜粋)
〈HBs抗原陽性でかつHBe抗原陽性の血液による汚染事故後のB型肝炎発症予防〉

通常、0.5mLを1回、事故発生後7日以内に皮下又は筋肉内に注射する。更に0.5mLずつを初回注射の1箇月後及び3~6箇月後の2回、同様の用法で注射する。なお、10歳未満の者には、0.25mLずつを同様の投与間隔で皮下に注射する。
ただし、能動的HBs抗体が獲得されていない場合には追加注射する。

7. 用法及び用量に関連する注意(抜粋)

7.2 一般的注意
〈効能共通〉

7.2.2 B型肝炎ウイルスへの曝露による感染及び発症の可能性が高い者又はB型肝炎ウイルスに感染すると重症化するおそれがある者には、本剤の3回目接種1~2箇月後1)、2)を目途に抗体検査を行い、HBs抗体が獲得されていない場合には追加接種を考慮すること。

〈HBs抗原陽性でかつHBe抗原陽性の血液による汚染事故後のB型肝炎発症予防〉
 7.2.5 抗HBs人免疫グロブリンを併用すること。

7.3 同時接種
  医師が必要と認めた場合には、他のワクチンと同時に接種することができる。

1) 公益財団法人ウイルス肝炎研究財団:B型肝炎について(一般的なQ&A)改訂第4版(平成26年7月)
2) CDC:MMWR, 2006;55(RR-16):1

関連文献
添付文書

関連コンテンツ


ヘプタバックス®・ワクチン領域関連情報

関連製品