子宮頸がんの病因

子宮頸がんの病因

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因で起こることが知られています。HPVはとてもありふれたウイルスで、性交渉の経験がある女性の80%以上が、50歳までに感染を経験するといわれています。特に若い年代の感染率は非常に高いといわれています。

HPV :Human Papillomavirus(ヒトパピローマウイルス)について

HPV :Human Papillomavirus(ヒトパピローマウイルス)について

HPV :Human Papillomavirus(ヒトパピローマウイルス)について

 

HPVはヒト乳頭腫ウイルスとも呼ばれ、100以上の型(タイプ)が同定されています。どこにでも存在する一般的なウイルスで、感染部位により皮膚型と粘膜型に大別されます。
粘膜型は約30~40種類で、主に性器周辺に感染します。そのうち約15種類が発がん性に関与する高リスク型です。子宮頸がんの約65%は、高リスク型のHPV16型と18型が原因であることがわかっています。
一方、非がん性のHPVは低リスク型に分類されますが、尖圭コンジローマの原因になることが分かっています。この低リスク型としてHPV6型と11型が知られています。

 

 

日本における子宮頸がんのHPV型別分布

日本における子宮頸がんのHPV型別分布

日本における子宮頸がんのHPV型別分布

 

日本の子宮頸がんのHPV型別分布は、16型が40.5%、18型が24.4%と、合わせて約65%であり、混合感染を含めると、7割近くでした。

 

 

HPVの感染経路

HPVの感染経路

HPVの感染経路

 

 

 

HPV感染から子宮頸がんまでの経過

HPV感染から子宮頸がんまでの経過

HPV感染から子宮頸がんまでの経過

HPVに感染しても、人間の免疫力によって多くの場合、ウイルスは体から排除されます。しかし、この機能がうまく働かずに、ウイルスが子宮頸部に残り、長い間感染が続いた場合に、その部分の細胞が少しずつがん細胞へと変化することがあります。

 

 

領域別情報はこちら

MSD製品に関するお問い合わせはこちら


もっと守ろう.jp