「禁忌を含む使用上の注意」等につきましては製品添付文書をご参照ください。


ガニレスト®の承認申請に用いた臨床試験の概要

外国におけるガニレスト®の臨床開発は、第Ⅱ相試験が1996年から、第Ⅲ相試験が1997年から開始された。国内では、外国での開発で得られた結果を検討した結果、IVF-ET(体外受精-胚移植)の領域では、地域間で医療習慣、疾病の定義、診断及び治療方法などの外因性要因において大きな差が認められていないことから外国臨床データを日本人に外挿することができると考え、2001年に本剤のブリッジング戦略に基づく臨床開発を開始した。この結果をもとに、本剤の有効性及び安全性を評価し、2008年7月に「調節卵巣刺激下における早発排卵の防止」の適応を取得した。

ブセレリン酢酸塩※1を対照とした第Ⅲ相非劣性試験(海外データ)

■ガニレスト®の投与日数及びrecFSHの総投与量(その他の評価項目)

ガニレスト®の投与日数の中央値は全群4日であり、recFSHの総投与量の中央値は全群1,350IUであった。

ガニレスト<sup>®</sup>の投与日数及びrecFSHの総投与量

■LH上昇の発現率(主要評価項目)

ガニレスト®投与が行われた患者では、計16例(6.0%)(0.125mg群8例、0.25mg群5例、0.5mg群3例)にガニレスト®投与前にLH上昇(LH≧10IU/L)が認められた。0.25mg群の1例を除き、全てのLH上昇はガニレスト®投与開始日に発現した。
ガニレスト®投与中のLH上昇の発現率は0.125mgで11.4%、0.25mg群で1.2%、0.5mg群で1.1%であった

LH上昇の発現率

■採卵数及び良好胚数(副次評価項目)

採卵数はどの投与用量群でも同程度だった。また、良好胚数(グレード1及び2の合計)は0.25mg投与群で高かった。

採卵数及び良好胚数

■ガニレスト®投与例あたり及び胚移植例あたりの胎児心拍陽性妊娠率(主要評価項目)

ガニレスト®0.25mg投与例あたりの胎児心拍陽性妊娠率は23.8%(20例/84例)、胚移植例あたりの胎児心拍陽性妊娠率は25.6%(20例/78例)であった。

胎児心拍陽性妊娠率

■本試験の有害事象

ガニレスト®を投与した3群の計97例(36.5%)に少なくとも1件以上の有害事象が発現し、最も多く報告された有害事象は「卵巣過剰症候群(OHSS)」〔0.125mg、0.25mg及び0.5mg群でそれぞれ5例(5.6%)、6例(6.9%)、10例(11.1%)〕であった。有害事象のうち、ガニレスト®との関連性が「明らかにあり」、「多分あり」、「可能性あり」に分類される副作用が各群1例ずつ計3例5件発現し、その内訳は異常感覚、心悸亢進、倦怠(感)が各1件、注射部反応2件であった。

目 的 :調節卵巣刺激を受ける女性におけるガニレスト®の有効性と安全性の評価

対 象 :IVF-ETが適応となる不妊女性701例

評価項目:主要評価項目は採卵数及び妊娠継続率とした。副次評価項目は良好胚数とした。その他の評価項目は、GnRH誘導体及びrecFSHの投与日数、recFSHの総投与量、LH上昇発現率(≧10IU/L)、血清E2濃度、受精率、胚移植数、着床率、臨床妊娠率、異所性妊娠率、流産率とした。

投与方法:〔ガニレスト群〕 recFSHは月経周期の2日目あるいは3日目に投与を開始した。1日1回150IUのrecFSH皮下投与6日目にガニレスト®(0.25mg/日)の投与を開始した。ガニレスト®投与期間中、個々の患者の卵巣反応によってrecFSHの投与量を調節できることとした。その後、17mm以上の卵胞が少なくとも3個確認できるまでガニレスト®とrecFSHの投与を最大14日間継続した。
〔ブセレリン群〕 ブセレリン酢酸塩は1日用量0.6mgを点鼻で、月経周期の21〜24日目に投与を開始した。ブセレリン投与によるダウンレギュレーション(ブセレリン酢酸塩投与後14〜28日)確認後※2に、1日1回150IUのrecFSH皮下投与を開始した(最初の5日間は固定用量)。recFSH投与の6日目以降は、個々の患者の卵巣の反応によってrecFSHの投与量を調節できることとした。その後、17mm以上の卵胞が少なくとも3個確認できるまで、ブセレリン酢酸塩とrecFSHの投与を最大19日間継続した。

試験の種類:多施設共同、非盲検、無作為化試験、非劣性

解析結果:ITTからのデータは有効性の解析に用い、ASTからのデータは安全性の解析に用いた。有効性の連変数は施設で調整し、差はCochran-Whitehead法に基づいて施設の加重平均を用いて計算した。妊娠継続率は、Cochran-Mantel-Haenszel法を用いた。
採卵数、良好胚数、妊娠継続率に関して、ガニレスト®とブセレリン酢酸塩間の施設で調整された差は、片側97.5%信頼限界の下限値を計算した。

申請時評価資料 The European Orgalutran Study Group, et al.: Hum. Reprod., 2000; 15(7): 1490-1498.
Mannaerts B., Borm G. はMSD社(旧オルガノン社)研究者


【用法・用量】
原則として卵胞刺激ホルモン製剤投与の6日目から開始し、ガニレリクスとして0.25mgを1日1回皮下に連日投与する。

領域別情報はこちら

MSD製品に関するお問い合わせはこちら